メニューをスキップしてタイトルへ



本ページは、過去の記録として存在するものです。閲覧・ご利用にあたっては、次の点にご注意ください。

  1. 内容は掲載日(更新日)時点のものであり、現在は無効になっている場合があります。
  2. 担当課は変更になっている場合があります。(現在は当該課が存在しない場合もあります)
  3. 記事中のリンクが切れている場合があります。

業務概要・見積条件書

「公共下水 土木積算支援委託」簡易評価型プロポーザル

2008年12月10日、発表

下水道課 工務係(0259-55-3178)


業務概要

本業務は、佐渡市公共下水道事業に係る工事の工事積算実務において工事発注単位に集約された当初及び変更時における実施設計図面(CADデータ(SXF:SFC)による図面)を基にして数量計算及び積算条件を設け、当市が導入している土木積算システム(富士通社製 super ESTIMA:財団法人新潟県建設技術センター提供)を使用し、何らかの媒体を介し当該実施設計図面から自動連動で設計図書(設計書・数量計算書および数量集計表等で下記「成果品」をいう。以下「設計図書」という)を作成し、提出することを目的とする。

なお、詳細は、「公共下水 土木積算支援委託 作業内容概要」(PDF・約170キロバイト)を参考にすること。

見積条件

提供資料及び使用可能機器等

提供する資料
  1. 佐渡市下水道施設設計基準:下水道管渠編(2007年4月制定版)
  2. 佐渡市公共下水道事業下水道工事標準図面集(平成19年04月01日以降適用)
  3. 佐渡市CAD製図基準:下水道管渠編(2008年2月改定版)
  4. 佐渡市CAD製図基準:下水道管渠編【図面作成要領】(2007年11月制定版)
  5. 工事発注単位に集約した下水道実施設計図面(CADデータ(SXF:SFC))
  6. その他積算に必要な資料等
使用可能機器
  1. 市が導入している土木積算システム(富士通社製 super ESTIMA:財団法人新潟県建設技術センター提供)
    (積算システムの内部に侵入し著作権を侵害するような行為や外部へ持ち出し、他の積算システムを使用してはならない。また、市が導入している土木積算システムを遠隔リモートにより操作することも禁じる)
  2. マイクロソフト社製「エクセル2003 SP3」
  3. アドビ社製「アクロバット8プロフェッショナル」
  4. 上記「1」を使用できるパソコン、モニター、プリンター、マウス、USBメモリー
支給品
  1. コピー用紙(A4)設計図書の印刷用
  2. コピー用紙(A1)設計図面の印刷用
  3. プリンター用トナー設計図書・設計図面の印刷用

対象事務

本業務の対象となる事務は、「公共下水 土木積算支援委託に係る作業範囲 積算工種内訳」(PDF・約56キロバイト)に記載のとおりである。

委託期間

平成21年1月20日から平成21年3月31日までとする。

なお、本業務の年間の発注頻度は、「公共下水 土木積算支援委託 工事に係る積算業務スケジュール」(PDF・約16キロバイト)を参考のこと。

打合せ等

本業務を委託したのち、業務の遂行に当たり、疑義が生じたときは、必要に応じ協議すること。

成果品

各発注工事別に設定する期限までに以下のものを成果品として納品すること。なお、電子データはCD-Rにてウイルステェックを行い納品すること。

1. 当初設計(単価入)書(設計書)
A4普通紙:1部、電子データ:1部
2. 当初設計(単価抜)書(設計書)
電子データ:1部
3. 当初設計図書(数量計算書等)
A4普通紙:1部、電子データ:1部
4. 変更設計(単価入)書(設計書)
A4普通紙:1部、電子データ:1部
5. 変更設計(単価抜)書(設計書)
A4普通紙:1部、電子データ:1部
6. 変更設計図書(数量計算書等)
A4普通紙:1部、電子データ:1部
注釈
  • 「電子データ」とは、マイクロソフト社製「エクセル2003 SP3」またはアドビ社製「アクロバット8プロフェッショナル」により作成されたものとする。

このページの先頭へ

「『公共下水 土木積算支援委託』簡易評価型プロポーザルのご案内」へ戻る