メニューをスキップしてタイトルへ



平成24年度決算の概要

[平成24年度:2012年度]決算の概要

2013年12月10日、掲載

企画財政部 財政課 予算係(0259-63-3114)

本ページの目次

一般会計

一般会計の決算額は、歳入が513億3,059万円で、前年度に比べ19億4,013万円の減、歳出は487億7,588万円で、前年度に比べ22億5,261万円の減となりました。厳しい財政状況のもと歳出のより効率的な執行に努めた結果、歳入歳出差引収支は、25億5,471万円の黒字決算となりました。

歳入決算額:513億3,059万円

区分決算額(万円)構成比
市税547,37310.7%
地方譲与税52,3581.0%
利子割交付金1,4390.0%
配当割交付金8580.0%
株式等譲渡所得割交付金2100.0%
地方消費税交付金58,9461.2%
ゴルフ場利用税交付金2110.0%
自動車取得税交付金14,3920.3%
国有提供施設等所在市町村助成交付金2,2160.0%
地方特例交付金1,1300.0%
地方交付税2,349,87345.8%
交通安全対策特別交付金8960.0%
分担金及び負担金38,6040.8%
使用料及び手数料76,6471.5%
国庫支出金410,7708.0%
県支出金336,1276.5%
財産収入20,9100.4%
寄附金3,3440.1%
繰入金74,2401.4%
繰越金224,2234.4%
諸収入170,4423.3%
市債747,85014.6%
5,133,059100.0%

市税の内訳

区分決算額(万円)構成比
市民税223,11140.8%
固定資産税259,44347.4%
軽自動車税20,8043.8%
市たばこ税39,1057.1%
入湯税4,9100.9%
547,373100.0%
前表を視覚化した円グラフ

歳出決算額:487億7,588万円

目的別内訳

区分決算額(万円)構成比
議会費21,3140.4%
総務費737,61915.1%
民生費964,79919.8%
衛生費467,7119.6%
労働費4,9250.1%
農林水産業費374,6927.7%
商工費177,4543.6%
土木費428,3808.8%
消防費183,7753.8%
教育費731,28115.0%
災害復旧費74,6621.5%
公債費710,97614.6%
4,877,588100.0%

性質別内訳

区分決算額(万円)構成比
人件費775,69915.9%
物件費576,30911.8%
維持補修費67,3321.4%
扶助費397,6088.1%
補助費等399,5728.2%
公債費725,97614.9%
投資及び出資金・貸付金125,3472.6%
繰出金489,69710.0%
積立金178,3043.7%
普通建設事業費1,067,08221.9%
災害復旧事業費74,6621.5%
4,877,588100.0%
注釈
人件費
職員給料のほか、議員や非常勤特別職の報酬などに使われたお金
物件費
臨時職員の賃金や各施設の維持管理などに使われたお金
扶助費
生活保護など社会保障に使われたお金
補助費等
補助金・負担金などに使われたお金
繰出金
特別会計などに繰り出したお金
普通建設事業費
道路・学校・公共施設などの整備に使われたお金

市民一人あたりにこのくらいのお金が使われました。

平成25年3月31日現在の人口61,325人で計算しています。

議会費
議会の運営に使われたお金
  • 3,476円
総務費
行政の運営や市税の徴収、広報発行などに使われたお金
  • 120,280円
民生費
高齢者、障がい者福祉や子育て支援の充実などに使われたお金
  • 157,326円
衛生費
ごみ処理や保健事業などに使われたお金
  • 76,268円
農林水産業費
農林水産業の振興などに使われたお金
  • 61,099円
商工費
商工業や観光の振興に使われたお金
  • 28,937円
土木費
道路や住宅の整備などに使われたお金
  • 69,854円
消防費
防災や救助活動などに使われたお金
  • 29,967円
教育費
学校教育の充実や生涯学習の推進などに使われたお金
  • 119,247円
公債費
市の借金返済のために使われたお金
  • 115,936円

このページの先頭へ

特別会計

特別会計は、特定の事業を行う場合に一般会計と区分して経理する会計で、国民健康保険特別会計など12会計があります。

(単位:万円)
会計名歳入決算額歳出決算額翌年度繰越財源差引残額
国民健康保険732,519723,67708,842
後期高齢者医療71,57170,42901,142
介護保険783,609767,838015,771
簡易水道110,076102,2703,0344,772
下水道306,451298,7411,3066,404
ケーブルテレビ25,07424,4740600
歌代の里48,06947,7870282
すこやか両津58,87058,4110459
五十里財産区424200
二宮財産区35035000
新畑野財産区594535059
真野財産区353333020

このページの先頭へ

平成24年度に取組んだ主な事業と成果

総務費

防災対策事業

自主防災組織育成のため、自主防災会に資機材購入および活動に対する補助金を交付しました。

  • 4,259万円
世界遺産登録推進事業

世界遺産登録の候補となる町並みを保存するため、歴史的建造物の修復および活用に対する補助金を交付しました。

  • 2,379万円

民生費

地域生活支援事業

障がい者に対して活動の場を提供し、社会との交流促進を図りました。成年後見制度の普及啓発により、安心して生活できる環境を整備しました。

  • 5,029万円

衛生費

子どもの医療費助成事業

小学校卒業までであった対象年齢について、平成24年9月から中学校卒業までに拡大しました。

  • 9,527万円
トキふれあい施設事業

ときふれあいプラザのオープンにあたり、関係機関と実行委員会を組織して式典・イベント・情報発信等を実施しました。

  • 2,686万円

農林水産業費

地産地消推進事業

生産者と消費者を結びつける事業として地産地消フェスタを開催しました。その中で製作したスイーツが商品化、販売されました。

  • 1,190万円
島内産材流通拡大支援事業

佐渡産木材を使う住宅の新築、増改築や島外移出等に対して支援を行い、流通拡大を図りました。

  • 937万円

商工費

企業支援対策事業

第二創業化を推進するためのセミナーを開催し、新事業展開等に向けた取組みを支援しました。人材確保のためにインターンシップ事業を実施しました。

  • 1,736万円
GIAHS観光誘客促進事業

世界農業遺産「GIAHS」認定を記念して、家族旅行で来島する親子に佐渡汽船の航送券を配布し、GIAHS認定のPRとともに誘客を行いました。

  • 3,523万円

土木費

道路橋りょう改良舗装事業

周辺地域から中心市街地への所要時間短縮および生活関連道路の安全性・利便性の向上を図りました。測量委託や道路改良舗装工事等を実施しました。

  • 3億1,099万円

消防費

救急救命対策事業

救急需要の増加・多様化、救急医療の高度化に対応するため、救急救命士を育成するとともに、知識・技術を向上させる体制の整備を図りました。

  • 521万円

教育費

総合教育センター事業

教職員の指導力向上のため研修・検査を行いました。不登校・いじめ等の対策として、訪問指導や適応指導教室を実施しました。

  • 1,677万円

このページの先頭へ

市債の現在高

市債は、市が大きな事業を実施した時に借り入れたお金で、市の借金にあたります。

(単位:万円)
会計名平成24年度末現在高
一般会計5,616,204
特別会計簡易水道452,445
下水道2,393,826
ケーブルテレビ21,240
すこやか両津70,699
公営企業会計水道事業1,089,742
病院事業20,666

このページの先頭へ

市有財産の内容

庁舎、保育園、小・中学校などの建物や土地、市の貯金にあたる基金などの状況は次のとおりです。

区分平成24年度末現在高
土地73,491,151平方メートル
建物542,866平方メートル
山林61,775,132平方メートル
有価証券6,708万円
各基金計2,141,027万円
注釈
  • 基金は、ある目的のために積立て、準備しておく資金のことで、「教育文化振興基金」、「トキ環境整備基金」などの基金があります。

このページの先頭へ

公営企業会計

公営企業会計は、民間企業と同じような経営をしている事業で、水道事業会計、病院事業会計があります。

水道事業会計

(単位:万円)
区分決算額
収益的収入155,290
支出126,641
資本的収入106,031
支出168,876

病院事業会計

(単位:万円)
区分決算額
収益的収入240,939
支出235,585
資本的収入13,953
支出18,247

このページの先頭へ

「予算・決算・監査」のトップへ