メニューをスキップしてタイトルへ



平成27年度 決算の概要

[平成27年度:2015年度]決算の概要

2017年1月5日、掲載

企画財政部 財政課 予算係(0259-63-3114)

本ページの目次

一般会計

一般会計の決算額は、歳入が491億4,722万円、歳出は476億9,365万円となりました。

厳しい財政状況のもと、歳出のより効率的な執行に努めた結果、実質収支は9億8,116万円の黒字となりました。

注釈
実質収支
歳入歳出差引収支から翌年度に繰り越すべき財源を差し引いたもの

このページの先頭へ

歳入決算額:491億4,722万円

区分決算額(万円)構成比
市税524,13010.7%
地方譲与税49,6811.0%
利子割交付金9050.0%
配当割交付金2,5770.1%
株式等譲渡所得割交付金2,2480.0%
地方消費税交付金114,2122.3%
ゴルフ場利用税交付金2360.0%
自動車取得税交付金8,4550.2%
国有提供施設等所在市町村助成交付金2,5260.1%
地方特例交付金1,0200.0%
地方交付税2,307,13046.9%
交通安全対策特別交付金6280.0%
分担金及び負担金31,6920.6%
使用料及び手数料71,2611.5%
国庫支出金337,6386.9%
県支出金353,6157.2%
財産収入18,3610.4%
寄附金16,0280.3%
繰入金115,5402.4%
繰越金183,5183.7%
諸収入109,1322.2%
市債664,18913.5%
4,914,722100.0%

前表を視覚化した円グラフ

市税の内訳

区分決算額(万円)構成比
市民税207,12539.5%
固定資産税252,44848.2%
軽自動車税21,3064.1%
市たばこ税39,5787.5%
入湯税3,6730.7%
524,130100.0%
前表を視覚化した円グラフ

このページの先頭へ

歳出決算額:476億9,365万円

目的別内訳

区分決算額(万円)構成比
議会費20,5510.4%
総務費779,14316.4%
民生費1,011,12121.2%
衛生費439,8509.2%
労働費6,2000.1%
農林水産業費388,0908.2%
商工費182,9183.8%
土木費410,9128.6%
消防費259,2005.4%
教育費466,2839.8%
災害復旧費41,8280.9%
公債費763,26916.0%
4,769,365100.0%
前表を視覚化した円グラフ

性質別内訳

区分決算額(万円)構成比
人件費717,86715.0%
物件費614,52512.9%
維持補修費64,0011.3%
扶助費447,3709.4%
補助費等404,5538.5%
公債費778,26916.3%
投資及び出資金・貸付金96,5072.0%
繰出金529,06811.1%
積立金265,8425.6%
普通建設事業費809,53517.0%
災害復旧事業費41,8280.9%
4,769,365100.0%
前表を視覚化した円グラフ
注釈
人件費
職員給料のほか、議員や非常勤特別職の報酬などに使われたお金
物件費
臨時職員の賃金や各施設の維持管理などに使われたお金
扶助費
生活保護など社会保障に使われたお金
補助費等
補助金・負担金などに使われたお金
繰出金
特別会計などに繰り出したお金
普通建設事業費
道路・学校・公共施設などの整備に使われたお金

このページの先頭へ

市民一人あたりにこのくらいのお金が使われました

2016年3月31日現在の人口57,976人で計算しています。

議会費
(議会の運営に使われたお金)
3,545円
総務費
(行政の運営や市税の徴収、広報紙の発行などに使われたお金)
134,391円
民生費
(高齢者、障がい者福祉や子育て支援の充実などに使われたお金)
174,403円
衛生費
(ごみ処理や保健事業などに使われたお金)
75,868円
農林水産業費
(農林水産業の振興などに使われたお金)
66,940円
商工費
(商工業や観光の振興に使われたお金)
31,551円
土木費
(道路や住宅の整備などに使われたお金)
70,876円
消防費
(防災や救急活動などに使われたお金)
44,708円
教育費
(学校教育の充実や生涯学習の推進などに使われたお金)
80,427円
公債費
(市の借金返済のために使われたお金)
131,653円

このページの先頭へ

特別会計

特別会計は、特定の事業を行う場合に一般会計と区分して経理する会計で、国民健康保険特別会計など11会計があります。

(単位:万円)
会計名歳入決算額歳出決算額翌年度繰越財源差引残額
国民健康保険832,160799,104 33,056
後期高齢者医療69,48768,469 1,018
介護保険863,264830,229 33,035
簡易水道97,13587,148179,970
下水道337,397324,5924,7558,050
歌代の里45,38244,845 537
すこやか両津57,60657,535 71
五十里財産区10595 10
二宮財産区966914 52
新畑野財産区352271 81
真野財産区5111 40
注釈
翌年度繰越財源
翌年度に繰り越して行う事業に充てる財源

このページの先頭へ

主な取り組み

総務費

交流居住・定住促進対策事業(決算額:2,387万円)

田舎暮らし・ふるさと回帰を求める声に応えU・Iターンを促進するため、情報発信、誘導策の展開、受入体制の整備を実施しました。

地域の活力再生事業(決算額:5,391万円)

過疎地域等に地域活動支援員や地域おこし協力隊を配置し、様々な地域活性化の取組を行いました。

民生費

しまびとジュニア支援事業(決算額:1,287万円)

若者への相談・支援、子どもを持つ家庭での養育に関する相談・支援、保育園等巡回支援による発達障がい児の早期発見と療育教室による早期支援を行いました。

衛生費

子どもの医療費助成事業(決算額:1億688万円)

中学校卒業までの子どもの医療費に対して助成を行うことで、早期治療による子どもの健やかな成長を支援しました。

看護師等確保対策事業(決算額:919万円)

看護師等の確保のため、就業の促進、支援及び定着を目的として助成を行いました。また、島内で医療業務に従事するための学生に対し奨学資金の貸与を行いました。

農林水産業費

集落営農・担い手支援事業(決算額:3億1,242万円)

機械等の導入、農地集積、地域づくり、新規就農者等を支援し、地域農業の担い手確保を図りました。

水田経営安定対策事業(決算額:1億3,945万円)

100人のサポーター農家を活用した栽培技術の情報発信及び農業者の意欲向上策に取り組むとともに、認証制度への取組の拡大及び生物多様性に配慮した農業経営の安定を図るため所得補償を行いました。

商工費

地産地消推進事業(決算額:816万円)

生産者と消費者を結ぶ事業として地産地消フェスタを開催しました。また、佐渡市伝統料理レシピ集「さどごはん」を発刊しました。

世界遺産推進応援企画事業(ソフト)(決算額:1億1,433万円)

「あかね」の就航及び北陸新幹線開業を契機とした新しい観光ルートのPRや旅行商品の造成支援及び販売促進等を行いました。

土木費

安全・安心まちづくり事業(決算額:1億8,281万円)

道路、河川等の修繕工事について、各集落(地域)からの身近で比較的小規模な要望に対し、早期の工事発注によって市民の生活環境改善等を図りました。

消防費

消防団員装備配備事業(決算額:1,877万円)

消防団を中核とした地域防災力の充実強化に関する法律が施行され、消防団装備の基準が改正されたことを踏まえ、災害用雨衣を全団員に配備しました。

教育費

小・中学校教育振興事業(決算額:4,413万円)

小学校、中学校に学校司書を配置し、学校図書館のさらなる機能の向上を図り、言語活動や探求的な学習の支援を行いました。

このページの先頭へ

市債

市債は、市が大きな事業を実施した時に借り入れたお金で、市の借金にあたります。

(単位:万円)
会計名平成27年度末現在高
一般会計6,112,868
特別会計簡易水道436,529
下水道2,198,078
すこやか両津52,584
公営企業会計水道事業1,052,679
病院事業0

このページの先頭へ

市の財産

庁舎、保育園、小・中学校などの建物や土地、市の貯金にあたる基金などの状況は次のとおりです。

区分平成27年度末現在高
土地74,003,878平方メートル
建物579,323平方メートル
山林61,774,100平方メートル
有価証券6,708万円
各基金計2,452,868万円
注釈
  • 基金は、ある目的のために積立て、準備しておく資金のことで、「教育文化振興基金」、「トキ環境整備基金」などの基金があります。

このページの先頭へ

公営企業会計

公営企業会計は、民間企業と同じような経営をしている事業で、水道事業会計、病院事業会計があります。

水道事業会計

(単位:万円)
区分決算額
収益的収支収入176,936
支出160,845
資本的収支収入63,990
支出124,131

病院事業会計

(単位:万円)
区分決算額
収益的収支収入224,903
支出228,646
資本的収支収入3,667
支出7,933
注釈
収益的収支
経営活動で発生する利益とそれに対応する経費
資本的収支
将来の経営活動に備えて行う建設改良費や企業債償還金などの支出とその財源となる収入

このページの先頭へ

「予算・決算・監査」のトップへ