メニューをスキップしてタイトルへ



[平成29年度]上半期の財政執行状況

2018年10月9日、掲載

財政課 予算係(0259-63-3114)

本ページの目次

一般会計

平成29年度の一般会計予算は、469億円でスタートしましたが、9月補正を含む6回の補正や平成28年度繰越事業費を加えた9月末の予算現額は、532億1,362万円(前年度同期比:13.3%増)となっています。

歳入の収入済額は219億7,513万円(前年度同期比:4.5%減)で、収入率は41.3%(前年度同期:49.0%)となっています。

このうち市の主要な財源である市税収入済額は27億5,102万円(前年度同期比:2.1%減)で収入率は54.0%(前年度同期:54.9%)となっています。歳出の支出済額は172億7,952万円(前年度同期比:0.6%増)で執行率は32.5%(前年度同期:36.5%)となっています。歳入、歳出(目的別)の執行状況内訳は表のとおりです。

歳入

予算現額
532億1,362万円
収入済額
219億7,513万円
(単位:万円)
区分予算現額収入済額収入率
市税509,338275,10254.0%
地方譲与税47,10014,27730.3%
地方消費税交付金94,00056,59560.2%
地方交付税2,115,0161,459,36169.0%
分担金及び負担金39,1407,13118.2%
使用料及び手数料68,96130,85744.7%
国庫支出金421,22397,78523.2%
県支出金478,24874,10715.5%
繰入金392,90300.0%
繰越金150,486150,486100.0%
市債845,42200.0%
その他の歳入159,52531,81219.9%
5,321,3622,197,51341.3%
注釈
その他の歳入
利子割交付金、配当割交付金、株式等譲渡所得割交付金、ゴルフ場利用税交付金、自動車取得税交付金、国有提供施設等所在市町村助成交付金、地方特例交付金、交通安全対策特別交付金、財産収入、寄附金、諸収入

市税の内訳

(単位:万円)
区分予算現額収入済額構成比
市民税199,65878,09128.4%
固定資産税246,177155,39056.5%
軽自動車税24,51124,8389.0%
市たばこ税36,65215,1915.5%
入湯税2,3401,5920.6%
509,338275,102100.0%
前表をグラフ化した画像

歳出

予算現額
532億1,362万円
支出済額
172億7,952万円
(単位:万円)
区分予算現額支出済額執行率
議会費19,72410,01850.8%
総務費938,581239,55525.5%
民生費1,139,339509,62644.7%
衛生費492,404128,71026.1%
農林水産業費499,613128,88725.8%
商工費182,86891,74150.2%
土木費475,90858,33112.3%
消防費212,35890,22942.5%
教育費392,899136,34834.7%
災害復旧費221,4963,3891.5%
公債費739,576330,51744.7%
その他の歳出6,5966019.1%
5,321,3621,727,95232.5%
注釈
その他の歳出
労働費、諸支出金、予備費

市民一人あたりの負担状況

(単位:円)
区分予算現額収入済額
市民税35,19913,767
固定資産税43,40127,395
軽自動車税4,3214,379
市たばこ税6,4622,678
入湯税413281
注釈
  • 2017年9月30日現在の人口56,722人で計算しています。

基金・市債の状況

(単位:円)
区分現在高市民一人あたり
基金(市の貯金)23,811,130,105419,787
市債(市の借金)56,156,596,497990,032
注釈
  • 2017年9月30日現在の人口56,722人で計算しています。

上半期の主な事業

創業・事業拡大等支援事業

特定有人国境離島地域における持続的な居住が可能となる環境の整備を図ることを目的に、雇用増を伴う創業または事業拡大を行う民間事業者等を支援します。

滞在型観光促進事業

特定有人国境離島地域における交流人口の増加を図るため、滞在期間を延ばし、ゆっくりと佐渡の魅力を楽しんでもらえるよう、歴史・文化、自然、食などを活用した体験メニューにジェットフォイルと宿とを組み合わせた旅行商品の造成支援や着地型観光メニューの担い手となるガイドの育成を行う事業等を支援します。

医療・介護・福祉の人財育成事業

市内の専門学校に通う市外出身者の学生に対する学校運営者と協力した支援、市内の各施設に就職した人への支援、各資格取得に必要な経費の一部助成等を行い、市内医療機関、介護施設等及び児童福祉施設における専門職の人財の育成と確保を推進します。将来佐渡市で医療技術者として従事する意志を持ち、養成校に進学する学生に対し、入学金、授業料の全額と一定の月額を奨学金として無利息で貸与します。また、一定期間佐渡市で医療技術者として従事することで、奨学金の返還が全額免除されます。

特別会計

特別会計は、特定の事業を行う場合に一般会計と区分して経理する会計で、国民健康保険特別会計など11会計があります。

(単位:万円)
会計名予算現額収入済額支出済額収入率執行率
国民健康保険762,338325,109318,14442.6%41.7%
後期高齢者医療72,63633,00123,79245.4%32.8%
介護保険867,876421,285358,80248.5%41.3%
下水道403,22537,974111,0549.4%27.5%
小水力発電2,5105755322.9%2.1%
歌代の里46,93319,94620,55342.5%43.8%
すこやか両津60,06823,38724,99538.9%41.6%
その他(財産区)3,34084665025.3%19.5%
2,218,926862,123858,04338.9%38.7%

公営企業会計

公営企業会計は、民間企業と同じような経営をしている事業で、病院事業会計、水道事業会計があります。

(単位:万円)
会計名収入支出
予算現額収入済額収入率予算現額支出済額執行率
病院事業収益的208,54196,61046.3%226,25790,44140.0%
資本的2,8502,34582.3%3,28777223.5%
水道事業収益的285,598109,76438.4%281,778118,31542.0%
資本的190,7466490.3%254,88978,32530.7%
注釈
収益的収支
経営活動で発生する利益とそれに対応する経費。
資本的収支
将来の経営活動に備えて行う建設改良費や企業債償還金などの支出とその財源となる収入。

関連ページ

このページの先頭へ

「予算・決算・監査」のトップへ