メニューをスキップしてタイトルへ



佐渡棚田協議会

2012年10月9日、更新(具体的な更新内容)

産業観光部 農業政策課 里山振興係(0259-63-5117)

本ページの更新状況(更新状況をスキップして本文へ)

佐渡棚田協議会の概要

先進国では初めて世界農業遺産(GIAHS:ジアス)に認定された佐渡。高い評価を得た中山間地域の景観や農法、伝統的文化などを将来の世代へと継承するために、平成24年6月16日、佐渡棚田協議会が設立されました。

設立目的

  1. 生きものと共生する豊かな里山が、豊かな里海につながることから、佐渡市の中山間地域にある棚田等の保全管理について生産活動を通して実践すること。
  2. 地域で生産される農林水産物の付加価値を高め、農業経営安定と景観保全の方策をこの協議会で考え取り組むこと。
  3. 会員と都市住民との棚田を通じた交流を促進し、人と人とのふれあいにより中山間地域の住民が楽しく活き活きと暮らせる農村づくりに取り組むこと。

事業内容

  1. 耕作による棚田保全活動に関すること。
  2. 棚田の魅力再発見、発信活動に関すること。
  3. 棚田地域間の連携交流活動に関すること。
  4. 収穫祭に関すること。
  5. その他、協議会の活動に必要なこと。

詳しくは、下記の文書をご覧ください。

会員募集中

佐渡棚田協議会の目的に賛同していただける方(個人・団体など)を随時募集しています。

佐渡棚田協議会の記録

平成24年度

第1回
平成24年6月16日

関連ページ

このページの先頭へ

「附属機関・懇談会等」のトップへ