メニューをスキップしてタイトルへ



本ページは、過去の記録として存在するものです。閲覧・ご利用にあたっては、次の点にご注意ください。

  1. 内容は掲載日(更新日)時点のものであり、現在は無効になっている場合があります。
  2. 担当課は変更になっている場合があります。(現在は当該課が存在しない場合もあります)
  3. 記事中のリンクが切れている場合があります。

安全・安心なまちづくり

[平成18年度:2006年度]主要事業と各予算の概要(10ページ中:2ページ目)

2006年5月22日、掲載

財務課 予算係(0259-63-3114)

本ページの目次

消防防災・救急体制の整備

合併特例事業継続

防災行政無線整備事業

1,189,268千円

平成18年は基地局、中継局、屋外拡声装置等の整備を予定。防災行政無線整備工事、設計監理業務委託など

合併特例事業継続

消防本部庁舎整備事業

186,160千円

本部庁舎設計監理委託、本部庁舎地質調査委託、本部庁舎・防災センター等本体工事、庁舎用地造成工事ほか

合併特例事業継続

消防分遣所整備事業

194,309千円

前浜分遣所。建築工事、備品整備:81,825千円設計監理業務委託ほか:2,993千円
海府分遣所。建築工事、備品整備:106,473千円設計監理業務委託ほか:3,018千円

継続

消防団活動支援

2,400千円

消防団設備整備(消防用ホースなど)

継続

防災訓練事業

1,340千円

防災訓練に係る経費(4地区で実施)

新規

国民保護計画事業

427千円

国民保護計画の策定

合併特例事業継続

分遣所無線設備整備事業

6,458千円

無線中継局建設工事ほか

合併特例事業継続

高規格救急自動車導入事業

33,000千円

相川消防署へ配備

新規

救急自動車2-B型導入事業

10,000千円

海府分遣所へ配備

新規

小型動力ポンプ付水槽車導入事業

34,000千円

海府、前浜分遣所にそれぞれ小型動力ポンプ付水槽車を配備

新規

小型動力ポンプ軽積載車導入事業

16,500千円

現有車両の更新、及び海府、前浜分遣所へ配備

継続

防火水槽補修工事

4,000千円

防火水槽蓋附設工事、補修工事

継続

防火水槽設置工事

22,500千円

耐震性貯水槽設置工事

継続

消火栓設置整備事業

49,314千円

簡水・上水・下水道工事に伴う消火栓の新設・移設・取替整備。両津地区:8,030千円相川地区:2,790千円佐和田地区:6,359千円金井地区:535千円新穂地区:4,000千円畑野地区:2,000千円真野地区:900千円小木地区:3,500千円羽茂地区:10,200千円赤泊地区:11,000千円

このページの先頭へ

防犯対策の充実

継続

地域ぐるみの学校安全体制整備促進事業

2,867千円

学校の安全管理に関する取り組みの強化及び組織づくりを目指す。スクールガードリーダー謝礼:2,688千円、ほか

このページの先頭へ

アスベスト問題への対応

継続

アスベスト対策

353,750千円

市有施設について、おおむね3年以内に原則除去とするアスベスト処理計画に基づき、適正な処理を進める。アスベスト調査分析業務委託、真野体育館アスベスト除去、両津文化会館アスベスト除去、佐渡中央会館アスベスト除去

このページの先頭へ

交通事故防止対策の推進

継続

交通安全施設整備事業

15,000千円

カーブミラー、ガードレール、区画線等の設置、修繕

継続

交通安全対策事業

5,757千円

交通安全街頭指導、チャイルドシート購入補助金など

このページの先頭へ

自然災害に対する備え

継続

小規模補助治山事業

10,132千円

法面改良により宅地の安全を確保する(松ヶ崎地区)。小規模補助治山工事ほか

継続

急傾斜地崩壊防止事業負担金

10,880千円

県営急傾斜地崩壊防止事業に係る市負担分

継続

河川整備事業

55,676千円

木戸川改修工事:40,000千円、ほか

継続

排水路整備事業

12,824千円

宮ノ前川:7,050千円、ほか

継続

県河川工事負担金

10,000千円

県営河川整備事業に係る市負担金

このページの先頭へ


関連ページ

「主要事業と各予算の概要(平成18年度:2006年度)」の目次へ