メニューをスキップしてタイトルへ



本ページは、過去の記録として存在するものです。閲覧・ご利用にあたっては、次の点にご注意ください。

  1. 内容は掲載日(更新日)時点のものであり、現在は無効になっている場合があります。
  2. 担当課は変更になっている場合があります。(現在は当該課が存在しない場合もあります)
  3. 記事中のリンクが切れている場合があります。

保健・医療・福祉への取り組み

[平成18年度:2006年度]主要事業と各予算の概要(10ページ中:5ページ目)

2006年5月22日、掲載

財務課 予算係(0259-63-3114)

本ページの目次

健康づくりの推進

継続

健康づくり事業

4,688千円

市民の総合的な健康づくり対策の推進

継続

予防接種事業

55,401千円

予防接種法に基づく疾病予防及び疾病のまん延防止対策

継続

老人保健事業

185,469千円

疾病予防、基本健康診査、機能訓練等の総合的な保健事業の実施

継続

母子保健事業・う蝕予防事業

29,656千円

妊産婦及び乳児、幼児等の健康確保と増進

このページの先頭へ

医療体制の充実

継続

佐渡市医療計画策定委員会設置

425千円

今後5年間(平成18〜22年)の市の医療施策の基本計画の策定。医療計画策定委員設置費

継続

新潟県医師養成修学資金貸与事業

1,885千円

地域医療を担おうとする医学生に対して修学資金を貸与し、その修学を支援する(県と市町村の共同事業)。月額貸与金、入学一時金、事務費および研修費

新規

両津病院医師住宅改築事業

55,880千円

設計監理業務委託、医師住宅改築工事ほか(2棟4戸)

継続

羽茂病院建設事業費補助金

50,000千円

羽茂病院の建設費補助

継続

両津・相川病院への繰出金

516,084千円

両津病院(すこやか両津を含む):228,761千円相川病院:287,323千円

継続

診療所運営

15,423千円

新穂・畑野・真野・赤泊診療所等、及び佐和田休日急患センターの運営費

継続

救急医療病院群輪番制運営事業

35,164千円

佐渡総合病院・両津病院・相川病院の救急医療に対する補助

継続

医療技術者奨学資金貸与事業

2,408千円

医療従事者の確保を図るため、将来市内において医療技術の業務に従事しようとするものに対し、奨学資金を貸与する

このページの先頭へ

地域福祉の充実

合併特例事業新規

複合福祉施設建設事業

220,000千円

デイサービスセンターおよび真野第2保育園との複合福祉施設(西三川地区)。設計監理委託、建設工事、備品整備費 など

合併特例事業新規

新穂地区特別養護老人ホーム建設事業

72,281千円

特養入所待機者解消のため新穂地区に特別養護老人ホームを建設する。用地購入、土地造成費 など

新規

地域包括支援センターの設置(介護保険)

75,100千円

地域包括支援センター運営委託

新規

地域支援事業(介護保険)

27,111千円

介護予防事業

合併特例事業新規

障害者施設建設事業

75,433千円

相川地区に知的・精神障害者施設を建設する。建設工事、施設備品整備費など

新規

保育園の延長保育の拡充

38,049千円

午前7時30分〜午後7時までの延長保育の実施

新規

学童保育の土曜日開設

2,029千円

昼間保護者のいない家庭の低学年児童を対象に6ヶ所で実施する。賃金および委託料

新規

ファミリーサポートセンターの設立

2,500千円

子育てを希望する人、手伝いをしてくれる人双方が会員となり、有料で助け合う互助制度。事業運営委託料:2,500千円

継続

民生児童委員活動委託

51,106千円

民生児童委員の活動委託

継続

社会福祉法人への助成

214,935千円

社会福祉法人運営費助成:209,182千円地域福祉活動事業費補助:5,753千円

継続

老人医療費助成

8,274千円

65歳から69歳までの一人暮らしまたは寝たきりの人が、病院などにかかったときの自己負担分の一部を助成

継続

特別障害者手当等給付事業

85,448千円

在宅で重度の障害があり、日常生活において常に介護を必要とする方へ手当を支給

継続

重度心身障害者医療費助成

108,000千円

重度心身障害者が、病院等で診療を受けた際の医療費の自己負担分の一部を助成

継続

更生医療費給付

15,300千円

身体障害者が、障害の除去および軽減のための必要な医療を給付

継続

精神障害者医療費助成

25,500千円

精神障害者の医療費に対し、健康保険で定められた自己負担額の50%を助成

継続

児童手当支給

347,410千円

児童を養育する方に手当を支給し、家庭生活の安定に寄与する(小学校修了前まで支給)

継続

ひとり親家庭等医療費助成

23,254千円

ひとり親家庭等の医療費の自己負担分の一部を助成

継続

児童扶養手当支給

167,338千円

父母の離婚などにより、父と生計を同じくしていない児童が育成される家庭の生活の安定と自立の促進のため手当を支給

継続

生活保護扶助

560,141千円

生活保護世帯への扶助費の支給

継続

乳幼児医療費助成

59,343千円

就学前までの児童を対象に、乳幼児が医療機関に受診したときの医療費の一部を助成

継続

在宅介護支援センター運営

59,007千円

在宅介護支援センター(10ヶ所)

継続

生活支援サービス事業(介護保険以外)

 

配食サービス事業
32,386千円
昼・夕食を配食し、また安否確認もあわせて実施する
軽度生活援助事業
2,160千円
外出時の付き添いや買い物などの軽度な支援
外出支援サービス事業
2,784千円
一般交通機関の利用が困難な方にリフト付タクシーを利用した場合の乗車料などを助成
日常生活用具給付
426千円
電磁調理器・火災報知器・自動消火器・老人用電話などの給付や貸与
寝具類等洗濯乾燥消毒サービス
630千円
寝具の洗濯・乾燥・消毒など

継続

家族介護者支援サービス

 

介護用品支給事業
22,680千円
紙おむつ、尿取パット、ドライシャンプー、清拭剤などの支給
徘徊高齢者家族介護支援サービス
882千円
徘徊した高齢者を早期に発見するための発信機等の貸与
介護手当支給
10,000千円

継続

障害者福祉サービス

 

補装具購入費等の補助
27,838千円
義肢、装具、車椅子等の購入または修理にかかる費用の補助
日常生活用具給付
9,770千円
心身障害者の福祉タクシー券交付
4,886千円
中型タクシーの基本料金、迎車料金についての利用券を補助
自動車改造に関する助成
3,200千円
障害者本人が運転する車、または運転できない障害者を介護する方が運転する車を改造した費用の一部を助成
ホームヘルパーの派遣
17,628千円
ホームヘルパーを派遣し、身体介護および家事援助を行う
ショートステイ
8,850千円
病院や冠婚葬祭で介護ができない場合、一定期間施設で保護する
心身障害者及び精神障害者通所援護所等通所費補助金
4,258千円
通所援護所施設等へ通所するためのバス運賃の一部を補助
通院費補助金
10,910千円
特定疾患の治療のために通院をした際の交通費の一部を補助

継続

子育て支援センター運営費

3,627千円

子育て支援センター運営経費(3ヶ所)

継続

私立保育園支援事業

218,142千円

運営委託料:208,835千円地域子育て支援センター事業補助金:2,611千円民間保育所未満児保育事業補助金:3,696千円延長保育促進事業補助金:3,000千円

継続

出生祝金

20,010千円

出生祝金

継続

特別養護老人ホーム負担金

88,357千円

社会福祉法人が特養建設の際に借り入れた借入金に係る償還金への負担

継続

待鶴荘改修事業

15,300千円

便所廻り改修工事、設計監理業務委託

継続

高齢者・障害者向け住宅整備助成

9,750千円

高齢者・障害者向け住宅整備事業補助金

継続

バリアフリーまちづくり事業

16,500千円

県工事負担金(歩道新設、歩道改善)

継続

保育園整備事業

11,991千円

吉井保育園施設改修、夷保育園施設改修、椎崎保育園下水道接続工事

新規

母子生活支援施設建設事業

10,000千円

実施設計業務委託ほか

このページの先頭へ

社会保障の充実

継続

国民健康保険特別会計繰出金

469,483千円

継続

老人保健特別会計繰出金

760,997千円

継続

介護保険特別会計繰出金

862,770千円

このページの先頭へ


関連ページ

「主要事業と各予算の概要(平成18年度:2006年度)」の目次へ