メニューをスキップしてタイトルへ



本ページは、過去の記録として存在するものです。閲覧・ご利用にあたっては、次の点にご注意ください。

  1. 内容は掲載日(更新日)時点のものであり、現在は無効になっている場合があります。
  2. 担当課は変更になっている場合があります。(現在は当該課が存在しない場合もあります)
  3. 記事中のリンクが切れている場合があります。

成長力強化戦略事業-1:農林水産業の振興

[平成22年度:2010年度]主要事業の概要(8ページ中:2ページ目)

2010年6月7日、掲載

財務課 予算係(0259-63-3114)

本ページの目次
  1. 経営の安定化
  2. 生物多様性を基本とした販売戦略
  3. 生産から販売までを連携させる産業構造改革
  4. 更なる環境イメージの向上

1. 経営の安定化

新規

佐渡版所得補償制度(生物多様性戦略推進事業)

予算額:72,700千円

「生きものを育む農法」の普及や担い手確保のために、環境負荷の少ない栽培により水稲経営に取り組む法人や個人並びに集落営農組織に対し所得の一部を補償します。

その他の事業

  • (継続)中山間地域等直接支払推進事業:504,575千円
  • (継続)農業振興公社事業:16,293千円
  • (新規)生物多様性促進事業(生物多様性戦略推進事業):27,410千円
  • (継続)養豚実証事業(畜産振興事業):1,500千円
  • (継続)佐渡和牛増産振興事業(畜産振興事業):4,600千円
  • (新規)放牧施設整備事業(畜産施設整備事業):32,330千円
  • (継続)造林事業:58,553千円
  • (継続)森林整備地域活動支援事業:10,367千円
  • (継続)きのこ・しいたけ栽培支援事業:8,374千円
  • (継続)漁業資金利子助成事業:3,363千円

「経営の安定化」に関する施政方針

このページの先頭へ

2. 生物多様性を基本とした販売戦略

新規

農林水産物販売促進事業(生物多様性戦略推進事業)

予算額:21,009千円

トキをシンボルとした生物多様性環境経済戦略を策定し、「朱鷺と暮らす郷米」をはじめ、柿、洋ナシなどの果樹や、しいたけなどの農林水産物の多様な販売網を関係機関と連携して構築します。また、首都圏や京阪神圏における姉妹都市交流や観光イベントなどを通じて情報を発信し、顧客の常連化を図ります。

新規

生物多様性条約締約国会議(生物多様性戦略推進事業)

予算額:5,211千円

平成22年10月に名古屋市において、生物多様性条約第10回締約国会議(COP10)が開催されます。期間中に島内でエクスカーション受入れを実施し、「トキとの共生」や「生きものを育む農法」などの生物多様性の取組を国内外に情報発信し、環境の島「佐渡」をアピールします。

継続

地場産品販売促進事業(佐渡産品再生戦略事業)

予算額:23,267千円

市内および首都圏に佐渡産品の直売所を設置し、地産地消の推進と新たな購買層の掘り起こしを行います。

新規

学校給食事業・生産組織化(地産地消推進事業)

予算額:3,000千円

子どもたちが、地域で生産・栽培された新鮮で美味しい食材を食べながら、地域環境を理解することが食育を推進するためには重要です。このことから、学校給食への地場産野菜の供給を図るため、生産組織の立上げと供給実証を行い、自給率の向上を図ります。

新規

地産地消フェスタ事業(地産地消推進事業)

予算額:2,900千円

地産地消の推進は地域経済を下支えする重要な取組みです。そのためには、佐渡産の食材を購入する市民への意識啓発が必要であることから、佐渡産の「米粉・フルーツ・乳製品」などを使ったスイーツコンテストを主体とした「地産地消フェスタ」を開催します。

継続

新ご当地グルメ開発(佐渡観光推進戦略会議事業)

予算額:1,040千円

佐渡観光の魅力アップのため、ホテル、旅館などでの地産地消、飲食店でのご当地グルメの提供に向けた取組みを進めます。また、土産物の佐渡産品のブランド化など、他の産業との連携した仕組みづくりを進めます。

その他の事業

  • (継続)航路活性化協議会負担金(航路対策事業):5,325千円
  • (継続)姉妹都市等交流事業:10,044千円
  • (継続)学校給食事業・米飯等補助(地産地消推進事業):6,160千円
  • (新規)生物多様性促進事業(生物多様性戦略推進事業)(再掲):27,410千円
  • (継続)牛乳製品販路拡大事業(畜産振興事業):2,631千円
  • (継続)造林事業(再掲):58,553千円
  • (継続)島内産材流通拡大支援事業:4,000千円
  • (継続)寒ブリ等負担金(地域食材活用推進事業):2,180千円

「生物多様性を基本とした販売戦略」に関する施政方針

このページの先頭へ

3. 生産から販売までを連携させる産業構造改革

新規

販売網整備事業(地産地消推進事業)

予算額:1,840千円

地産地消を推進するには、地場産の食材が生産者から消費者へスムーズに供給できる仕組みづくりが必要です。そのため、市、生産者、消費者、流通機関などが協力し合い、地産地消協力店の確保や、食材提案会などを行います。

継続

佐渡産品再生戦略事業

予算額:6,093千円

新商品開発の助成、物産展やアンテナショップの補助、ホームぺージを活用した企業情報や地域資源の情報発信を行うなど、島外企業との企業間連携を促進します。

「生産から販売までを連携させる産業構造改革」に関する施政方針

このページの先頭へ

4. 更なる環境イメージの向上

3月補正

LED防犯灯設置事業

予算額:272,276千円

エコアイランド推進のため、市内の防犯灯を省エネ効果の高いLED電球に交換します。

その他の事業

  • (継続)自然エネルギー活用事業:3,998千円
  • (継続)電気自動車設備設置事業:420千円
  • (継続)地域資源活用事業:6,565千円
  • (新規)公共施設省エネ・新エネ設備導入事業:2,400千円
  • (新規)ごみ減量化推進モデル事業(リサイクル推進事業):5,775千円
  • (継続)森林病害虫等防除事業:9,700千円

「更なる環境イメージの向上」に関する施政方針

このページの先頭へ

「主要事業の概要(平成22年度:2010年度)」の目次へ