メニューをスキップしてタイトルへ



本ページは、過去の記録として存在するものです。閲覧・ご利用にあたっては、次の点にご注意ください。

  1. 内容は掲載日(更新日)時点のものであり、現在は無効になっている場合があります。
  2. 担当課は変更になっている場合があります。(現在は当該課が存在しない場合もあります)
  3. 記事中のリンクが切れている場合があります。

成長力強化戦略事業-4:安全・安心な地域づくり

[平成22年度:2010年度]主要事業の概要(8ページ中:5ページ目)

2010年6月7日、掲載

財務課 予算係(0259-63-3114)

本ページの目次
  1. 地域力の向上
  2. 消防防災・救急体制の整備
  3. 医療・福祉・介護体制の整備

1. 地域力の向上

継続

集落支援モデル事業(地域・ふるさと振興事業)

予算額:6,000千円

過疎化や少子・高齢化により伝統芸能の継承や集落運営が困難になるなど、地域コミュニティの弱体化が進んでいるため、集落内外の協働体制の仕組みづくりを推進し、地域力の向上につながる活動事業を支援します。

新規

集落コミュニティ受入調査(着地型ツーリズム整備事業)(再掲)

予算額:4,100千円

その他の事業

  • (継続)コミュニティ助成事業(地域・ふるさと振興事業):10,000千円
  • (継続)佐渡おこしチャレンジ事業(地域・ふるさと振興事業):19,000千円

「地域力の向上」に関する施政方針

このページの先頭へ

2. 消防防災・救急体制の整備

新規

緊急情報伝達システム意向調査(防災対策事業)

予算額:217千円

緊急時の情報伝達手段について意向調査を実施し、既存のケーブル回線を活用したシステムの選定を行います。

その他の事業

  • (継続)自主防災組織育成補助金(防災対策事業):3,000千円
  • (継続)消防団経費:2,184千円
  • (継続)消防防災施設・設備整備事業:9,900千円
  • (継続)救急救命対策事業:3,984千円

「消防防災・救急体制の整備」に関する施政方針

このページの先頭へ

3. 医療・福祉・介護体制の整備

新規

佐渡医療圏地域医療再生基金事業

 

県が作成した「佐渡医療圏地域医療再生計画」に基づき、救急・高度医療の充実強化、医療連携・機能分担による地域完結型体制の構築に向けて、県、病院、医師会等との連携をとりながら取り組みます。

継続

介護予防地域交流活性化事業(高齢者生活支援事業)

予算額:1,500千円

空き家などを改修して地域の交流の場(地域の茶の間など)を設け、一人暮らし高齢者または日中一人になる高齢者に対して、孤独感の解消、認知症予防および自立生活の援助並びに介護者の支援を図ることを目的に、NPO法人などに施設改修費や事業運営費の補助を行い、高齢者が元気で生き生きとした生活が送れる地域づくりを推進します。

継続

安全安心地域推進プロジェクト事業(老人福祉一般経費)

予算額:1,537千円

医療・福祉・介護の拠点づくり推進のため、新潟大学などとの官学連携を行います。また、島内専門職・地域住民からなる地域安心ネットワーク検討委員会での協議から、安全・安心の地域づくりに係わる地域ニーズおよび社会資源などについて調査研究を行います。

その他の事業

  • (新規)資格取得支援事業補助金(老人福祉一般経費):1,180千円
  • (新規)介護基盤整備事業補助金(老人福祉施設管理運営事業):179,745千円
  • (継続)障害者通所援護事業:4,392千円
  • (継続)障害者生活支援事業(地域生活支援事業):45,177千円
  • (継続)医師確保対策(医療推進一般経費):264千円
  • (継続)県医師養成修学資金貸与事業:665千円
  • (継続)医療技術者奨学資金貸付事業:1,192千円
  • (新規)介護雇用プログラム事業(労働諸費):36,684千円
  • (新規)誘致校奨学金貸与事業(資金貸付事業):5,520千円

「医療・福祉・介護体制の整備」に関する施政方針

「主要事業の概要(平成22年度:2010年度)」の目次へ

このページの先頭へ