メニューをスキップしてタイトルへ



本ページは、過去の記録として存在するものです。閲覧・ご利用にあたっては、次の点にご注意ください。

  1. 内容は掲載日(更新日)時点のものであり、現在は無効になっている場合があります。
  2. 担当課は変更になっている場合があります。(現在は当該課が存在しない場合もあります)
  3. 記事中のリンクが切れている場合があります。

老朽危険廃屋対策支援制度

平成22年度:経済対策

2011年2月9日、掲載
2011年3月15日、更新(具体的な更新内容)

環境対策課 環境企画係(0259-63-3113)

本ページの更新状況(更新状況をスキップして本文へ)
  • 2011年3月15日、申請額が予算額に達したため、受付を終了しました。

補助対象

対象者
佐渡市内に木造危険廃屋を所有しており、市税等の滞納がない人。
対象工事
市内の解体事業者が施工する、個人所有の木造危険廃屋の解体工事。(平成24年3月31日までに完了する工事に限ります)
対象建物
建築後おおむね25年以上が経過し、屋根等が朽ちている建築物。(申請者が居住や利用をしていない場合に限ります)
対象費用
木造危険廃屋の解体・撤去費用

補助対象とならない工事・費用(例)

補助金額

対象経費の50%(1,000円未満の端数は切り捨て)または50万円を限度とします。

補助金の返還

申請方法

「老朽危険廃屋対策支援事業補助金交付申請書」を申請期間内にお持ちください。

注釈
  • 上記文書は、市役所環境対策課、各支所、各行政サービスセンターでも入手できます。

申請期間

平成23年2月15日〜平成23年12月28日。ただし、期間内であっても、予算枠に達した時点で受付を終了します。3月15日、申請額が予算額に達したため、受付を終了しました。

提出先

市役所環境対策課(本庁舎2階)

注釈
  • 市役所各支所、各行政サービスセンターでも受け付けます。

このページの先頭へ

「事業一覧」へ