メニューをスキップしてタイトルへ



本ページは、過去の記録として存在するものです。閲覧・ご利用にあたっては、次の点にご注意ください。

  1. 内容は掲載日(更新日)時点のものであり、現在は無効になっている場合があります。
  2. 担当課は変更になっている場合があります。(現在は当該課が存在しない場合もあります)
  3. 記事中のリンクが切れている場合があります。

社会教育の推進

[平成25年度:2013年度]事業の概要(10ページ中:9ページ目)

2013年5月2日、掲載

財務課 予算係(0259-63-3114)

継続

社会教育事業

予算額:2,950千円

担当:社会教育課

高齢者学級や家庭教育学級を通じて、地域課題の学習成果を地域づくりに活かすとともに、地域における指導者の育成や地域社会に貢献している社会教育団体の育成・支援を行います。

継続

生涯学習事業

予算額:2,353千円

担当:社会教育課

佐渡固有の歴史・文化・自然を学び、佐渡に誇りが持てる市民を増やし、「これからの佐渡」を考えていくための機会として市民大学講座を開催します。

継続

読書推進事業

予算額:7,945千円

担当:社会教育課

図書館ネットワークシステムにより、誰もが気軽に利用できる生涯学習環境を整備するとともに、郷土資料や参考資料を充実させ、レファレンス機能を高め、高度な学習要求に応えるサービスを提供します。

継続

文化会館管理運営事業

予算額:73,054千円

担当:社会教育課

地域の文化・芸術の創造、発表の場として、市民ニーズに合った文化会館管理・運営を行います。

継続

公民館活動推進事業

予算額:10,439千円

担当:社会教育課

地域住民が互いに助け合い、地域課題に取り組む体制づくりを支援するため、地区公民館を中心とした学習活動や運動会、芸能祭、文化祭等の事業を実施します。また、集会施設等の改修事業を継続して実施します。

継続

青少年育成活動事業

予算額:5,002千円

担当:社会教育課

次代を担う心身ともに健やかな青少年を育成するために、青少年によるボランティア活動や保護者等への講演会を開催するとともに、異世代交流の中で、地域への愛着心を深める地域子ども会の活動を支援します。

継続

ジオパーク推進事業(再掲)

予算額:16,223千円

担当:社会教育課

佐渡ジオパーク推進協議会を中心として日本ジオパークネットワーク加盟申請を行い、関係地域と連携しながら持続可能な運営体制を目指します。また、様々な活動を外部に向けて発信することで観光客等がジオパークの情報を利用できる仕組みづくりや佐渡を楽しんでもらえるジオガイドの養成を継続して行います。

継続

芸術事業

予算額:5,146千円

担当:社会教育課

佐渡市展及び県展佐渡展の開催により、美術鑑賞の機会を提供し、市民が美術に親しみ、学習意欲が増すよう、美術の普及と水準の向上を図ります。

継続

佐渡学推進事業

予算額:10,518千円

担当:社会教育課

佐渡を知ってもらうため、佐渡の歴史・文化・自然に係る情報を発信し、博物館資料の整理を行うとともに、講演会や企画展を開催しながら、伝統芸能の保存と地域文化の普及に努めます。

拡大

スポーツ推進事業

予算額:84,398千円

担当:社会教育課

新たなスポーツイベントとして、佐渡オープンウォータースイミングの開催を計画しています。市民の大会運営への協力や参加者とのふれあいを通して、市民のスポーツに対する関心を醸成するとともに、スポーツを通じた交流人口を拡大し、地域の活性化を図ります。

継続

(継続費)総合体育館建設事業

予算額:1,704,377千円

担当:社会教育課

市民が気軽にスポーツに親しむための施設の整備の一環として、佐和田地区のつつじヶ丘公園に平成26年度供用開始を目指して(仮称)佐渡市総合体育館の建設を進めます。

このページの先頭へ

「事業の概要(平成25年度:2013年度)」の目次へ