メニューをスキップしてタイトルへ



本ページは、過去の記録として存在するものです。閲覧・ご利用にあたっては、次の点にご注意ください。

  1. 内容は掲載日(更新日)時点のものであり、現在は無効になっている場合があります。
  2. 担当課は変更になっている場合があります。(現在は当該課が存在しない場合もあります)
  3. 記事中のリンクが切れている場合があります。

人材育成・確保対策

[平成26年度:2014年度]事業の概要(9ページ中:3ページ目)

2014年4月16日、掲載

財務課 予算係(0259-63-3114)

本ページの目次
  1. 人材の育成
  2. 人材の確保

1 人材の育成

継続平成26年度重点事業

キャリア教育推進事業(島の応援団推進事業)(再掲)

予算額:870千円

担当:産業振興課

拡充平成26年度重点事業

小学校総合学習支援事業・中学校総合学習支援事業
(キャリア教育等)(再掲)

予算額:10,882千円(小学校総合学習支援事業)
4,961千円(中学校総合学習支援事業)

担当:学校教育課

継続

島の応援団推進事業(再掲)

予算額:6,500千円

担当:産業振興課

継続

人材育成事業(地域・ふるさと振興事業)

予算額:2,000千円

担当:地域振興課

本市の地域活性化に資する人材育成のため、先進地視察や調査研究等の経費に対して補助金を交付します。

継続

社会福祉従事者等資格取得支援事業補助金(老人福祉一般経費)

予算額:2,555千円

担当:高齢福祉課

介護福祉士及び訪問介護員等の資格取得に必要な受験料又は受講料及び旅費の一部を助成することにより、資格取得を促進し、就労意識を高めます。また、介護現場における人材不足の解消と雇用の確保を図ります。

継続

奨学金貸与事業

予算額:31,802千円

担当:学校教育課

経済的な理由により就学困難な方に対して奨学金を無利子貸与し、教育の機会均等を図るとともに、本市の発展に資する有能な人材育成のため支援します。

「人材の育成」に関する施政方針

このページの先頭へ

2 人材の確保

新規平成26年度重点事業

外部人材力活用事業(総合政策一般経費)(再掲)

予算額:13,283千円

担当:総合政策課

拡充平成26年度重点事業

地域の活力再生事業

予算額:56,205千円

担当:地域振興課

過疎高齢化が進む地域に、地域おこし協力隊や地域活動支援員を配置し、地域資源を活用した活動や地域課題を解決するための地域内の話し合いを進め、集落行事等の維持や地域づくり活動の支援を行い、地域の活性化を図ります。

継続

域学連携・地域づくり実証研究事業

予算額:1,822千円

担当:社会福祉課

新穂大野地区において、大学生が授業の一環として、教員指導のもと地域現場に入り、活動報告会やサロン活動等を通して、地域住民や団体とともに地域課題の解決及び地域づくりに継続的に取り組みます。

継続平成26年度重点事業

インターンシップ支援事業(企業支援対策事業)(再掲)

予算額:1,556千円

担当:産業振興課

拡充平成26年度重点事業

看護師等確保対策事業

予算額:16,630千円

担当:市民生活課

島内医療機関等の看護師確保の促進のため、就業定着を目的とした住居費の一部助成の期間を5年に延長するとともに、新たに島内医療機関等で就業する看護師を増やすための支援策に取り組みます。そのほか、看護師等医療技術者の育成と島内就業を図るために医療技術者奨学資金制度を拡充し、将来にわたって人材確保の安定に努めます。

「人材の確保」に関する施政方針

このページの先頭へ

「事業の概要(平成26年度:2014年度)」の目次へ