メニューをスキップしてタイトルへ



1 人口減少対策 (3)特色ある地域づくり

[平成27年度:2015年度]事業の概要(8ページ中:4ページ目)

2015年3月17日、掲載

財務課 予算係(0259-63-3114)

本ページの目次
  1. 自主的組織化の推進
  2. 地域資源を活用した活性化
  3. 災害に対応できる安心・安全な地域づくり

(1)自主的組織化の推進

継続

元気な地域づくり支援事業

予算額:28,951千円

担当:地域振興課

地域活力の維持・向上のため、地域が自ら取り組む地域づくり活動や地域の課題解決の取組に対して、支所・行政サービスセンターで支援を行います。

拡充

地域の活力再生事業(再掲)

予算額:64,852千円

担当:地域振興課

継続

域学連携・地域づくり実証研究事業(再掲)

予算額:1,822千円

担当:社会福祉課

継続

安全安心地域推進事業(再掲)

予算額:2,525千円

担当:高齢福祉課

新規

地域見守り事業(再掲)

予算額:3,911千円

担当:高齢福祉課

継続

高齢化集落支援事業(安全・安心まちづくり事業)

予算額:50,000千円

担当:建設課

住民の半数以上が65歳以上の集落(高齢化集落)に対し、高齢化で実施が難しくなった道普請(草刈り、側溝清掃)などのコミュニティ活動支援策として、10世帯未満の集落は30万円、10世帯以上の集落は50万円を上限として、地域の要望に沿って市道や河川等の生活環境保全工事を地域が指定する業者に発注して実施します。

拡充

集落営農・担い手育成支援事業(再掲)

予算額:50,425千円

担当:農林水産課

拡充

地区公民館活性化事業(公民館活動推進事業)(再掲)

予算額:640千円

担当:社会教育課

「自主的組織化の推進」に関する施政方針

このページの先頭へ

(2)地域資源を活用した活性化

新規

佐渡ふるさと島づくり寄附金事業

予算額:13,554千円

担当:地域振興課

佐渡を大切に思い寄附をいただく方に感謝の気持ちを伝えるため、佐渡産品や宿泊補助等の贈呈を行うとともに、交流人口の拡大や特産品の活用PRを行います。

新規

シートゥーサミット(スポーツ推進事業)

予算額:5,000千円

担当:社会教育課

自然の尊さを感じてもらうことを目的として、自然環境のシンポジウムと、カヤック・自転車・登山の3種混合の総合競技を組み合わせた環境スポーツイベント「シートゥーサミット」を開催し、4大スポーツイベントとともに更なる交流人口の拡大を図ります。

継続

外部人材力活用事業(総合政策一般経費)

予算額:13,264千円

担当:総合政策課

民間企業に勤務経験がある観光・広報分野の専門的なスキルや幅広い人脈を有する外部人材を戦略官として引き続き任用します。客観的・専門的な視点から地域課題の解決に取り組むことで、魅力のある地域、人づくりを推進し、地域の元気を創造します。

「地域資源を活用した活性化」に関する施政方針

このページの先頭へ

(3)災害に対応できる安心・安全な地域づくり

継続

域学連携・地域づくり実証研究事業(再掲)

予算額:1,822千円

担当:社会福祉課

継続

安全安心地域推進事業(再掲)

予算額:2,525千円

担当:高齢福祉課

新規

地域見守り事業(再掲)

予算額:3,911千円

担当:高齢福祉課

継続

健康バンク 佐渡島(たからじま)活性化事業(健康づくり事業)(再掲)

予算額:1,741千円

担当:市民生活課

拡充

認知症対策総合推進事業(介護保険特別会計)(再掲)

予算額:3,958千円

担当:高齢福祉課

拡充

市民後見推進事業(再掲)

予算額:3,983千円

担当:高齢福祉課

新規

グループホーム施設整備事業(障害福祉施設等整備事業)(再掲)

予算額:10,000千円

担当:社会福祉課

継続

高齢化集落支援事業(安全・安心まちづくり事業)(再掲)

予算額:50,000千円

担当:建設課

新規

健康づくり教室指導者育成事業(スポーツ推進事業)(再掲)

予算額:431千円

担当:社会教育課

拡充

地域防災リーダー育成事業(災害に強い島づくり事業)

予算額:10,356千円

担当:総務課

地域や事業所等から受講者を募り、防災士研修を実施します。防災士資格取得者のうち地域から推薦を受けた者を「地域防災リーダー」として認定・登録し、地域や自主防災組織において自主的な防災活動を推進することにより、地域防災力の向上を図ります。

拡充

佐渡市総合防災訓練(災害に強い島づくり事業)

予算額:1,628千円

担当:総務課

地域防災力の強化と市民の防災意識の高揚を図るため、自助・共助・公助の観点から自主防災組織や防災関係機関が連携して行う訓練や、一般市民を対象として緊急情報伝達システムを活用した一斉防災訓練を引き続き実施します。また、新たな訓練メニューを加えて、全市民が参加する防災訓練を行います。

新規

本庁舎整備事業

予算額:77,746千円

担当:財務課

分散している本庁機能を集約化するとともに、災害時における拠点施設としての機能を備えた新庁舎の建設に着手します。

新規

(継続費)支所・行政サービスセンター庁舎整備事業

予算額:585,189千円

担当:財務課

地域力の向上及び地域の活性化や発展、並びに地域の防災拠点として機能する支所・行政サービスセンターの耐震補強や改築・改修工事を行います。

「災害に対応できる安心・安全な地域づくり」に関する施政方針

このページの先頭へ

「事業の概要(平成27年度:2015年度)」の目次へ