メニューをスキップしてタイトルへ



Ⅰ 主要事業 1 産業の振興

[平成29年度:2017年度]事業の概要(9ページ中:2ページ目)

2017年3月22日、掲載

財務課 予算係(0259-63-3114)

本ページの目次

農林水産業の振興

継続平成29年度重点事業

佐渡米品質向上プロジェクト事業

予算額:32,784千円

色彩選別機械の導入支援、基本技術の励行等の取組により、一等米比率90%以上の高品質を恒常化し市場評価を高め農家所得の向上を図ります。

新規平成29年度重点事業

規模拡大経営安定化事業(複合経営化・規模拡大)(園芸作物振興事業)

予算額:3,945千円

これまでの柿、西洋梨に加え、りんご等対象品目を拡充し、地域条件にあった収益性の高い品目の導入を推進します。また、柿の新植・改植に必要となる苗木は島外から購入していますが、これを島内で生産することで島内での経済循環とともに農家の所得向上を図ります。

新規平成29年度重点事業

規模拡大経営安定化事業(担い手の育成)(園芸作物振興事業)

予算額:6,258千円

新規就農者受入用の園地整備を支援し、新たな担い手の受入体制を推進します。

新規平成29年度重点事業

新規就農者等受入体制整備事業

予算額:37,523千円

新たな担い手の受入体制を整備するため、新規就農希望者等の宿泊施設及び地域住民との交流スペースを整備します。

新規平成29年度重点事業

農業経営ビジョン策定事業(集落営農・担い手支援事業)

予算額:148千円

高収益の施設園芸の導入や各地域に適した農産物の生産、集落営農・大規模法人化・複合経営化など地域の実情に沿った、持続可能で雇用の受け皿となりうる農業を確立させるため、農業再生に向けた中長期的なビジョンを策定します。

新規平成29年度重点事業

輸送コスト低廉化事業(特定有人国境離島)

予算額:100,420千円

鮮度が重要となる農水産品の島外出荷にかかる海上輸送コストを低廉化することにより、生産者の所得向上と経営の安定化を図ります。

拡充平成29年度重点事業

海上輸送費支援事業(離島活性化交付金)

予算額:56,300千円

佐渡市の産業振興に寄与する戦略産品の移出入に係る海上輸送コストを低減することで、主要産業の活性化を図ります。

継続

生きものを育む農法支援事業

予算額:29,603千円

生きものを育む農法を支援するため、朱鷺と暮らす郷づくり認証制度に合わせ、冬水田んぼ、江の設置等を取組む農業者を支援します。

継続

地域資源活用調査・実証事業

予算額:6,151千円

籾殻堆肥の散布手法とコスト及び施肥効果を検証する実証事業(4年目)を進めるとともに、その結果を基に普及計画を示します。
また、ハウス園芸の拡大と合わせて、竹などの地域資源を活用した熱エネルギー利用を推進するとともに、太陽光等自然エネルギーを活用した農業生産モデルを創出するための調査等を実施します。

このページの先頭へ

雇用の確保につながる起業・第二創業等の推進

新規平成29年度重点事業

創業・事業拡大等支援事業(特定有人国境離島)

予算額:267,000千円

雇用の受け皿づくりを進めるため、雇用機会の拡充に寄与する創業又は事業拡大を行おうとする民間事業者等を支援します。

新規平成29年度重点事業

キャリアアップ助成事業(雇用促進の支援事業)

予算額:12,000千円

パートや契約社員、派遣労働者などの非正規雇用労働者を正規雇用化する事業所に対し、事業所が負担する社会保険料の軽減を図るため、国のキャリアアップ助成金(正規雇用等に転換した場合、最大60万円を給付)に上乗せして助成します。

継続

創業・中小企業支援融資助成事業(商工業者支援事業)

予算額:5,226千円

市内で創業・第二創業、農商工連携、6次産業化を目指す者が制度融資を受ける際、又は市内中小企業者が設備投資を目的に制度融資を受ける際に、借入必要額に対する利子相当額の全額もしくは半額を事業者へ助成します。

新規

クラウドソーシング推進事業(雇用促進の支援事業)

予算額:1,468千円

ICTを活用した新しい働き方としてクラウドソーシング(在宅ワーク)を推進するため、クラウドソーシングの仕組みを周知し、U・Iターン者や市民が在宅で起業できるよう専門業者による講座を行い支援します。

このページの先頭へ

島外への販売戦略と島内循環の仕組みづくり

継続平成29年度重点事業

メイド・イン・サドブランド創出事業

予算額:4,650千円

サドメシラン認定店舗への集客を図るため、ガイドブックと佐渡アイランドサポーター等を通じたPRを行い、島外への佐渡産品の販売拡大を目指します。また、定期的な商談会(サドメシランサミット)を開催し、佐渡産品の販路・生産量の拡大、雇用の創出を図ります。

拡充平成29年度重点事業

販売網構築事業

予算額:24,306千円

朱鷺と暮らす郷の米穀専門店を中心とした販路拡大、販売力強化を図るためのプロモーション活動を展開するとともに、世界農業遺産を活用したブランド力の強化と米を補完する果樹の販路拡大のための調査を実施します。
さらには、販売力の高い農家育成のための支援や地産地消の推進、従来市場にとらわれない農産物の販路を拡大するための地域商社設立の足がかりとなる仕組みを構築します。

継続平成29年度重点事業

生物多様性戦略推進事業

予算額:26,599千円

「朱鷺と暮らす郷認証制度」の要件変更や生物多様性認知度の向上など、取組の強化を図り、生物多様性佐渡戦略を推進します。
さらに、世界農業遺産推進会議を設置し、世界農業遺産の保全と活用を具体的に進めることで、地域ブランドの向上による交流人口の拡大と農林水産物のブランディングを強化します。

新規平成29年度重点事業

観光と他の産業との連携事業

予算額:3,595千円

地場産食材を活用した郷土料理の提供や、食の満足度を高めるための商品造成支援を行います。また、佐渡土産の認証制度を構築し佐渡産品のブランド化を図ります。

継続平成29年度重点事業

地産地消推進事業

予算額:4,190千円

第2次地産地消推進計画(平成26〜平成31年)に基づき、「地産地消月間」等を通じて市民の購買行動を助長します。庭先集荷では、高齢者の生きがいを育むとともに、観光施設への販路・生産量の拡大を図ります。

継続

地域資源活用調査・実証事業(再掲)

予算額:6,151千円

このページの先頭へ

関連事業

継続

新エネルギー導入事業

予算額:11,120千円

新エネルギ-普及のための太陽光発電設備や電気自動車等の導入支援とともに、中小企業を中心とした事業所への省エネルギ-設備導入の支援を行い、エネルギーコストの低減化と併せて地球温暖化対策を推進します。

拡充

佐渡ふるさと島づくり寄附金事業

予算額:89,548千円

佐渡ふるさと島づくり寄附金の寄附者に、お礼として佐渡産品等を贈呈し、産業の活性化や交流人口の拡大を図ります。

このページの先頭へ

「事業の概要(平成29年度:2017年度)」の目次へ