メニューをスキップしてタイトルへ



過去の主な災害

2012年2月29日、掲載

総務部 防災管財課 防災安全係(0259-63-3125)

本ページの目次

水害

7.11水害

発生年月日
1995年(平成7年)7月11日
被害状況
  • 佐和田町:河川氾濫により住宅4棟が床下浸水。
  • 金井町:河川溢水により警戒。決壊の恐れあり、積み土嚢工法で対処した。
  • 新潟県全域で被害。災害救助法適用。

8.4水害

発生年月日
1998年(平成10年)8月4日
被害状況
  • 金井町・新穂村:1名溺死。河川決壊により100世帯以上が床上浸水。
  • 両津市:全壊7、半壊3、一部破壊5、床上浸水30、床下浸水101、土砂流入5、浸水123。
  • 特に両津市 東立島地区内の被害が大きく、床上浸水(土砂の流入)6、床下浸水1、被災人員22、住宅裏の山腹崩壊により全壊2。その他、全壊1、半壊2、土砂の流入等10、県道・市道埋没。
  • 相川町:達者川氾濫により水道取水口破損。農機具小屋破損、農機具流失。
  • 両津市に災害救助法適用。

7.15水害

発生年月日
2002年(平成14年)7月15日
被害状況

佐和田町、金井町、相川町の1,388世帯3,424人に避難勧告と避難指示を出した。

  • 佐和田町:青野堤が溢水で決壊の恐れがあり、佐和田災害対策本部を設置。下流域住民に避難指示を出した。
  • 金井町:藤津川溢水で決壊の恐れがあり住民に避難勧告した。災害対策本部を設置。
  • 畑野町:河川一部決壊し水防工法実施。
  • 真野町:法面崩壊による土嚢積み。
  • 相川町:土砂崩れにより家屋全壊1、半壊1。小仏川・濁川氾濫により床上浸水13、床下浸水35。相川町災害対策本部を設置。

このページの先頭へ

火災

両津市大火

発生年月日
1955年(昭和30年)8月2日
被害状況
  • 両津市:重軽傷者8名、全焼89棟、半焼9棟、焼損面積3,395平方メートル、り災世帯95。
  • 災害救助法適用。

両津市柿野浦大火

発生年月日
1961年(昭和36年)10月27日
被害状況
  • 両津市:死者1名、全焼154棟、焼損面積3,302平方メートル、り災世帯41。
  • 災害救助法適用。

相川町姫津火災

発生年月日
1965年(昭和40年)4月1日
被害状況
  • 相川町:死者1名、重軽傷者11名、全焼58棟、半焼2棟、焼損面積7,086平方メートル、り災世帯63。
  • 災害救助法適用

このページの先頭へ

地震(震度4以上)

新潟地震

発生年月日
1964年(昭和39年)6月16日、13時01分
震源・規模
  • 新潟県沖(北緯38度22.21分、東経139度12.7分)、深さ約34キロメートル
  • マグニチュード7.5
  • 震度5(相川)
被害状況
両津で2.0メートルの津波が発生し、両津市で400戸近くが浸水した。

新潟県北部の地震

発生年月日
1995年(平成7年)4月1日、12時49分
震源・規模
  • 新潟県北部(北緯37度53.4分、東経139度14.8分)、深さ約18キロメートル
  • マグニチュード5.6
  • 震度4(相川)
被害状況
佐渡島内では被害はない。震源に近い笹神村の一部では震度6に近い揺れがあったものと推定される。

佐渡付近の地震

発生年月日
2003年(平成15年)12月22日、21時07分
震源・規模
  • 佐渡付近(北緯37度53.2分、東経138度15.2分)、深さ約16キロメートル
  • マグニチュード4.7
  • 震度4(相川)
被害状況
相川町で建物に軽微な被害が発生した。

新潟県中越地震

発生年月日
2004年(平成16年)10月23日、17時56分
震源・規模
  • 新潟県中越地方(北緯37度17.5分、東経138度52.0分)、深さ約13キロメートル
  • マグニチュード6.8
  • 震度4(相川)
被害状況
相川地区、畑野地区で建物に軽微な被害が発生した。
関連リンク
トピックスの中の中越沖地震情報

佐渡付近の地震

発生年月日
2012年(平成24年)2月8日、21時01分
震源・規模
  • 佐渡付近(北緯37.9度、東経138.2度)、深さ約10キロメートル
  • マグニチュード5.7
  • 震度5強(相川、佐和田)
被害状況
  • 市内一円で建物に軽微な被害が発生した。
  • 佐和田地区の約3,400世帯で断水が発生した。
関連リンク
お知らせの中の佐渡沖で発生した地震による被害確認状況

このページの先頭へ

その他

ナホトカ号流出油災害

発生年月日
1997年(平成9年)1月2日〜4月28日
被害状況

島根県隠岐島の北北東106キロメートル。船首部分福井県三国町の海岸近くに、ロシア船籍のタンカー「ナホトカ号」が座礁、C重油約6,200キロリットル流出。

  • 1月20日小木町で重油漂着を確認。その後両津市、相川町、真野町、羽茂町で漂着が確認され、回収作業が行われた。
  • 新潟県内漂着油量3,774.6キロリットル、浮流油20.1キロリットル、流出油回収量3,794.7キロリットル、回収人員等(県内)88,630人。

2.24冬季風浪被害

発生年月日
2008年(平成20年)2月23日〜2月24日
被害状況

22日夜に日本海で発生した低気圧が、翌23日朝に三陸沖へ進んで急速に発達した。これにともなって北海道西方海上で発生した波浪により、23日夜半から24日にかけて、両津地区沿岸部と相川地区の一部(高千)を高波が襲った。

  • 負傷者9名、住宅半壊2棟、床上浸水11棟、床下浸水6棟、非住家建物被害43棟。
  • 防波堤損壊3箇所(鷲崎、北小浦、水津)、船舶損壊流出231隻など。
関連リンク
トピックスの中の2.24冬季風浪被害(2008年の記録)

このページの先頭へ

「佐渡市の概要」のトップへ