メニューをスキップしてタイトルへ



職員の手当の状況(上水道事業職員を除く)

[平成19年度:2007年度]職員給与などの概要(8ページ中:5ページ目)

2008年6月20日、掲載

総務課 人事係(0259-63-3111)

本ページの目次

期末手当・勤勉手当(18年度)

  佐渡市 新潟県
1人当たり平均支給額(千円)1,4071,775-
支給割合(月分)期末手当3.0(1.6)3.0(1.6)3.0(1.6)
勤勉手当1.45(0.75)1.45(0.75)1.45(0.75)
加算措置の状況(%)役職加算5〜155〜205〜20
管理職加算 15〜2510〜25
注釈
  • 「支給割合」の()内は、再任用職員に係る支給割合です。再任用職員とは、定年退職等により退職した後、改めて採用された職員をいいます。
  • 「1人当たり平均支給額」は、18年度決算の数値です。
  • 「加算措置の状況」とは、職制上の段階、職務の級等による加算措置をいいます。

参考:勤勉手当への勤務実績の反映状況(一般行政職)

実施していません。

このページの先頭へ

退職手当(19年4月1日現在)

(単位:月分)
  佐渡市
自己都合 勧奨・定年 自己都合 勧奨・定年
勤続20年23.5030.5523.5030.55
勤続25年33.5041.3433.5041.34
勤続35年47.5059.2847.5059.28
最高限度額59.2859.2859.2859.28

その他の加算措置

  佐渡市
定年前早期退職者2〜20%加算2〜20%加算

佐渡市の1人当たり平均支給額(千円)

一般行政職 技能労務職
25,37814,726
注釈
  • 18年度に退職した職員に支給された平均額です。

このページの先頭へ

地域手当

19年4月1日現在

支給実績(18年度決算)7,194千円
支給職員1人当たり平均支給年額(18年度決算)899,269円
支給対象地域医師
支給率15%
支給対象職員数8人
国の制度(支給率)12%

22年度の制度完成時

支給対象地域医師
支給率15%
国の制度(支給率)15%
注釈
  • 国の制度では、平成22年度での完成を目指して、平成18年度から支給率を段階的に引き上げることとしています。

このページの先頭へ

特殊勤務手当(19年4月1日現在)

支給実績(18年度決算)113,172千円
支給職員1人当たり平均支給年額(18年度決算)505,232円
職員全体に占める手当支給職員の割合(18年度)13.6%
手当の種類(手当数)18

防疫等作業手当

主な支給対象職員
従事職員
主な支給対象業務
感染症防疫作業
支給単価
  • 日額:290円

行旅病人等収容手当

主な支給対象職員
従事職員
主な支給対象業務
行旅病人の援護等
支給単価
  • 病人(1回):290円
  • 死亡人(1回):1,000円

除雪作業手当

主な支給対象職員
従事職員
主な支給対象業務
除雪作業
支給単価
  • 日額:500円

危険手当

主な支給対象職員
従事職員
主な支給対象業務
ボイラー取扱業務
支給単価
  • 月額:1,000円〜3,000円以内
  • 1回:3,000円

夜間介護手当

主な支給対象職員
介護員
主な支給対象業務
深夜における介護等
支給単価
  • 1回:2,000円

夜間看護手当

主な支給対象職員
病院の看護師又は准看護師
主な支給対象業務
深夜における看護等
支給単価
  • 1回:2,000円〜5,000円

異常圧力内作業手当

主な支給対象職員
潜水作業職員
主な支給対象業務
潜水器具での潜水作業
支給単価
  • 1時間:310円〜1,500円

有害物取扱手当

主な支給対象職員
従事職員
主な支給対象業務
毒物等を使用して行う検査等で健康を害するおそれがある場合
支給単価
  • 日額:290円

税滞納処分手当

主な支給対象職員
税務職員
主な支給対象業務
税の滞納処分
支給単価
  • 日額:350円

税徴収手当

主な支給対象職員
税務職員
主な支給対象業務
税の徴収に関する事務
支給単価
  • 日額:300円

衛生処理手当

主な支給対象職員
清掃施設に勤務する職員
主な支給対象業務
ごみ処理、し尿処理
支給単価
  • 日額:400円

早出・中出手当

主な支給対象職員
施設調理員
主な支給対象業務
早出・中出での勤務
支給単価
  • 1回:1,000円

早出・遅出手当

主な支給対象職員
病院調理員
主な支給対象業務
早出・遅出での勤務
支給単価
  • 1回:1,000円

診療手当

主な支給対象職員
病院医師
主な支給対象業務
医師の診療手当
支給単価
  • 基本額:10,000円〜50,000円

特殊診療手当

主な支給対象職員
病院医師
主な支給対象業務
医師が患者の診療業務に従事した場合
支給単価
  • 給料月額の100分の40

役職手当

主な支給対象職員
病院職員
主な支給対象業務
病院の役職職員
支給単価
  • 3,000円〜220,000円(給料月額の3〜12%以内)

待機手当

主な支給対象職員
病院職員
主な支給対象業務
救急患者の診療に備えての自宅待機
支給単価
  • 1時間:600円
  • 1回:1,000円

応援診療手当

主な支給対象職員
病院医師他
主な支給対象業務
他病院での診療業務
支給単価
  • 日額:13,500円〜20,000円

このページの先頭へ

時間外勤務手当

(単位:千円)
支給実績(18年度決算)188,798
職員1人当たり平均支給年額(18年度決算)117
支給実績(17年度決算)212,317
職員1人当たり平均支給年額(17年度決算)126

このページの先頭へ

その他の手当(19年4月1日現在)

扶養手当

内容・支給単価

扶養親族のある職員に支給

  • 配偶者:13,000円
  • 配偶者以外:各6,000円
注釈
  • 扶養親族でない配偶者がいる場合、そのうち1人について6,500円。
  • 配偶者がいない場合、そのうち1人について11,000円。
  • 満15歳に達する日後の最初の4月1日から満22歳に達する日以後の最初の3月31日までの間にある子1人につき、5,000円加算。
国の制度との異同
同じ
支給実績
161,354千円
平均支給年額
214,852円
支給職員の割合
46.4%

住居手当

内容・支給単価

借家・借間・自宅に居住する職員に支給

借家、借間居住職員

  • 月額家賃12,001〜23,000円:家賃額-12,000円
  • 月額家賃23,001〜54,999円:(家賃額-23,000円)×0.5+11,000円
  • 月額家賃55,000円〜:27,000円

自宅居住職員

  • (新築・購入後の5年間に限り)2,500円
国の制度との異同
同じ
支給実績
45,173千円
平均支給年額
182,147円
支給職員の割合
15.3%

通勤手当

内容・支給単価

交通機関利用、自動車等の交通用具使用職員で徒歩による通勤距離が片道2キロメートル以上である者に支給

交通機関利用者(バス等)

  • 負担している運賃額に応じて、最高55,000円

交通用具使用者(自動車等)

  • 片道の使用距離に応じて、2,000円から24,500円
国の制度との異同
同じ
支給実績
91,046千円
平均支給年額
71,690円
支給職員の割合
78.4%

管理職手当

内容・支給単価

管理または監督の地位にある職員に支給

級別役職別行政職

  • 6級・2種(部長等):54,000円
  • 5級・2種(部長等):51,000円
  • 6級・3種(副部長等):41,000円
  • 5級・3種(副部長等):39,000円
  • 6級・4種(本庁課長、支所長等):33,000円
  • 5級・4種(本庁課長、支所長等):31,000円
  • 6級・5種(支所課長等):21,000円
  • 5級・5種(支所課長等):20,000円
  • 4級・5種(支所課長等):19,000円
国の制度との異同
異なる
国の制度と異なる内容

(国の制度)行政職

  • 6級・3種(府県単位部長等):72,700円
  • 6級・4種(管区機関課長等):62,300円
  • 5級・4種(管区機関課長等):59,500円
  • 4級・4種(管区機関課長等):55,500円
  • 6級・5種(府県単位課長等):51,900円
  • 5級・5種(府県単位課長等):49,600円
  • 4級・5種(府県単位課長等):46,300円
支給実績
44,141千円
平均支給年額
358,874円
支給職員の割合
7.6%

管理職員特別勤務手当

内容・支給単価

管理または監督の地位にある職員が、臨時または緊急の必要により、週休日または休日に勤務した場合に支給

勤務1回につき(2時間以上6時間以内の場合)

  • 病院長:12,000円
  • その他の管理職:10,000円
国の制度との異同
異なる
国の制度と異なる内容

(国の制度)

  • 本省庁課長等:12,000円
  • 管区機関部長等:10,000円
  • 府県単位機関部長等:8,000円
  • 管区機関課長等:6,000円
  • 府県単位機関課長等:4,000円
支給実績
0千円
平均支給年額
0円
支給職員の割合
0.0%

休日勤務手当

内容・支給単価

休日等に勤務した職員に支給

  • 勤務1時間当たりの給与×1.35×勤務時間数
国の制度との異同
同じ
支給実績
61,420千円
平均支給年額
160,365円
支給職員の割合
23.6%

夜間勤務手当

内容・支給単価

正規の勤務時間として深夜に勤務した職員に支給

  • 勤務1時間当たりの給与×0.25×勤務時間数
国の制度との異同
同じ
支給実績
33,207千円
平均支給年額
104,426円
支給職員の割合
19.6%

宿日直手当

内容・支給単価

宿日直勤務を行った職員に支給

  • 医師:21,400円
  • 病院施設以外における医師の当直:19,000円
  • 病院の医師以外:6,000円
  • 老人福祉施設における生活介助等の為の当直:5,900円
  • その他の職員:4,200円
国の制度との異同
同じ
支給実績
30,884千円
平均支給年額
55,447円
支給職員の割合
34.4%

初任給調整手当

内容・支給単価

採用が困難な医師への手当

  • 支給額:193,400円以内
国の制度との異同
異なる
国の制度と異なる内容
  • 306,900円以内
支給実績
6,569千円
平均支給年額
2,189,600円
支給職員の割合
0.2%

地域手当

内容・支給単価

医療職給料表(1)の適用を受ける職員(医師)に支給

  • 給料および扶養手当の月額の合計額×15%
国の制度との異同
異なる
国の制度と異なる内容

(国の制度)

  • 平成19年度は12%(段階的に引き上げ、平成22年度に15%)
支給実績
7,194千円
平均支給年額
899,269円
支給職員の割合
0.5%

寒冷地手当

内容・支給単価

寒冷地支給地域である佐渡市に在勤する職員に支給

  • 世帯の状況に応じて、月額1,700円から19,560円(11月から翌年3月まで支給)
注釈
  • 支給額の減額改正に伴い、経過措置により、平成21年度をもって廃止。
国の制度との異同
同じ
支給実績
66,959千円
平均支給年額
42,219円
支給職員の割合
97.9%

単身赴任手当

内容・支給単価

異動に伴い転居し、配偶者と別居して単身で勤務する職員に支給

  • 赴任地への距離に応じて、月額23,000円から68,000円
国の制度との異同
同じ
支給実績
276千円
平均支給年額
276,000円
支給職員の割合
0.1%

災害派遣手当

内容・支給単価

災害対策基本法に基づき、災害応急対策または災害復旧のため派遣された職員に支給

  • 1日につき6,620円を超えない額
国の制度との異同
-
国の制度と異なる内容
-
支給実績
0千円
平均支給年額
0円
支給職員の割合
0.0%

このページの先頭へ

「職員給与などの概要(平成19年度:2007年度)」の目次へ