メニューをスキップしてタイトルへ



技能労務職員の給与等の見直しに向けた取組方針

[平成19年度:2007年度]

2008年3月15日、掲載
2008年5月8日、更新(具体的な更新内容)

総務部 総務課 人事係(0259-63-3111)

本ページの更新状況(更新状況をスキップして本文へ)
  • 2008年5月8日、HTML化しました。(掲載済のPDFファイルを通常のホームページに編集)
本ページの目次

現状

職種ごとの職員数、平均年齢、平均給与等及び民間従業員データ

区分公務員民間(A)
÷
(B)
職員数平均年齢平均給料月額平均給与月額(A)対応する民間の類似職種平均年齢平均給与月額(B)
全体147人44.4歳249,800円270,407円----
清掃職員24人37.8歳234,100円273,358円廃棄物処理業従業員43.3歳299,800円0.9
学校給食39人44.7歳244,600円254,382円調理士39.9歳247,600円1.0
庁務員28人46.8歳254,300円268,239円用務員53.9歳227,200円1.2
自動車運転手7人53.5歳304,600円341,848円自家用乗用自動車運転者52.2歳240,100円1.4
その他49人44.7歳251,100円272,619円----
注釈
  1. 「平均給料月額」とは、平成19年4月1日現在における各職種ごとの職員の基本給の平均です。
  2. 「平均給与月額」とは、給料月額と毎月支払われる扶養手当、住居手当、時間外勤務手当などの諸手当の額を合計したものです。
  3. 民間区分の廃棄物処理業従業員及び用務員は、賃金構造基本統計調査(賃金センサス)における全国のデータを、それ以外の職種は新潟県のデータを使用しています。(平成16年〜18年の3か年平均)
  4. 技能労務職の職種と民間の職種の比較にあたっては、民間の数値において賃金センサスの調査対象が、常用労働者10人以上の民営事業所及び一部公営事務所並びに常用労働者5人以上9人以下の民営事業所から一定の方法によって抽出された事業所となっているため、年齢、業務内容、雇用形態等の点において完全に一致しているものではありません。

年齢別職員数(平成19年4月1日現在)

(単位:人)
区分全体清掃職員学校給食庁務員自動車運転手その他
20歳未満000000
20〜23歳210100
24〜27歳201001
28〜31歳1555005
32〜35歳1956314
36〜39歳1442206
40〜43歳1340207
44〜47歳2628808
48〜51歳1416313
52〜55歳1515405
56〜59歳27165510
60歳以上000000

その他給与に関する事項

給料表

「行政職給料表(2)」を適用しています。

技能労務職員に係る特殊勤務手当(平成19年4月1日現在)

手当名称支給要件支給単位
除雪作業手当除雪作業、積雪状況巡視監視作業に従事した職員1日500円
衛生処理手当ごみ、し尿処理業務に従事した職員1日400円
早出・中出手当正規の勤務時間外に調理業務に従事した高齢福祉施設の調理員1回1,000円
早出・遅出手当正規の勤務時間として、午前7時以前から調理業務に従事した場合又は午後7時以降調理業務に従事した病院の調理員1回1,000円

基本的な考え方

  1. 技能労務職は、平成18年3月に策定した佐渡市定員適正化計画に基づき、新規の採用は行っていません。
  2. 給与は、国の動向により適宜改正を行っていきます。

具体的な取組内容

  1. 合併前にあった技能労務職に係る特殊勤務手当のうち、犬猫死骸処理手当を合併時に廃止しました。(平成16年3月〜)
  2. 給与構造見直しの実施により技能労務職の給料水準を平均1.3%引き下げしました。(平成18年度〜)
  3. 技能労務職に係る特殊勤務手当のうち、除雪作業手当を廃止し、衛生処理手当の支給対象業務の見直しを行いました。(平成20年度〜)

その他

可能な業務に関して民営化等を順次検討し、技能労務職の定員削減を図る予定です。

PDFダウンロード

本記事を印刷される場合は、次のPDFファイルをご利用ください。

このページの先頭へ

「職員給与等」のトップへ