メニューをスキップしてタイトルへ



本ページは、過去の記録として存在するものです。閲覧・ご利用にあたっては、次の点にご注意ください。

  1. 内容は掲載日(更新日)時点のものであり、現在は無効になっている場合があります。
  2. 担当課は変更になっている場合があります。(現在は当該課が存在しない場合もあります)
  3. 記事中のリンクが切れている場合があります。

市の温泉4施設を民間譲渡します

申込期間は平成22年2月4日まで

2010年1月10日、掲載

社会福祉課 社会福祉係(0259-63-5113)

下記の市営温泉(健康保養施設)4施設を、平成22年4月にそれぞれ民間譲渡します。ご希望の方は、本ページをご覧のうえ平成22年2月4日(木曜日)までにお申し込みください。

なお、各募集要項を一括して印刷される場合は、次のPDFファイルをご利用ください。

相川健康増進センター「ワイドブルーあいかわ」

譲渡物件(無償)(建物)

物件名構造内容等面積
浴場・プール施設鉄筋コンクリート造平屋建て2,865.00平方メートル
井戸管理施設温泉施設排湯設備および温泉送湯設備、源泉権利一式

備品

譲渡物件で現在管理している物品(備品および消耗品等)は、すべて無償で譲渡します。

貸与物件(無償)(土地)

所在地地目地積
相川栄町21宅地6,410.10平方メートル
相川下戸村72-7鉱泉地195.84平方メートル

譲渡の条件(用途の制限)

次に記載の事項のほか、譲渡物件の引渡しを受けた日から少なくとも5年間は、その一部または全部において佐渡市民その他一般の利用に供する温泉およびプールを活用した事業(以下「温泉・プール事業」という)を行わなければなりません。この場合において、譲受者は、温泉・プール事業の全部または大部分を第三者に委託することはできません。

  1. 風俗営業等の規制および業務の適正化等に関する法律(昭和23年法律第122号)第2条第1項に規定する風俗営業、同条第5項に規定する性風俗特殊営業または同条第9項に規定する接客業務受託営業その他これらに類する業の用に供することはできません。
  2. 暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律第2条第2号に規定する暴力団の事務所の用に供することはできません。
  3. 無差別大量殺人行為を行った団体の規制に関する法律第5条に規定する観察処分の決定を受けた団体の事務所の用に供することはできません。
  4. 施設名称の「相川健康増進センターワイドブルーあいかわ」の従来名称の継続使用はできません。
  5. 地元旅館への源泉水の分湯の継続を行わなければなりません。
注釈

金井健康保養施設「金北の里」

譲渡物件(無償)(建物)

物件名構造内容等面積
浴場施設鉄筋コンクリート造平屋建て567.48平方メートル
宿泊施設木造平屋建て198.24平方メートル
井戸管理施設温泉施設排湯設備および温泉送湯設備、源泉権利一式
注釈
  • 隣接設置の中興資源活性化センターは、今回の譲渡物件には含まれていません。

備品

譲渡物件で現在管理している物品(備品および消耗品等)は、すべて無償で譲渡します。

貸与物件(無償)(土地)

所在地地目地積
中興字東沢乙2822-1宅地10,813.34平方メートルの一部
中興字城塚乙2350原野468.00平方メートル
中興字城塚乙2353-2山林208.00平方メートル
中興字城塚乙3010-2山林247.00平方メートル

譲渡の条件(用途の制限)

次に記載の事項のほか譲渡物件の引渡しを受けた日から少なくとも5年間は、その一部または全部において佐渡市民その他一般の利用に供する健康保養施設または福祉施設として事業(以下「健康保養事業」という)を行わなければなりません。この場合において、譲受者は、健康保養事業の全部または大部分を第三者に委託することはできません。

  1. 風俗営業等の規制および業務の適正化等に関する法律(昭和23年法律第122号)第2条第1項に規定する風俗営業、同条第5項に規定する性風俗特殊営業または同条第9項に規定する接客業務受託営業その他これらに類する業の用に供することはできません。
  2. 暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律第2条第2号に規定する暴力団の事務所の用に供することはできません。
  3. 無差別大量殺人行為を行った団体の規制に関する法律第5条に規定する観察処分の決定を受けた団体の事務所の用に供することはできません。
  4. 施設名称の「金井健康保養施設金北の里」の従来名称の継続使用はできません。
  5. 井戸施設については、別途協議することとします。
注釈

新穂健康保養センター「新穂潟上温泉」

譲渡物件(無償)(建物)

物件名構造内容等面積
浴場施設木造平屋建て及び2階建て1,241.60平方メートル
車庫施設軽鉄造平屋建て100.80平方メートル
井戸管理施設源泉管理棟(鉄筋コンクリート造平屋建て9.00平方メートル)
温泉施設排湯設備および温泉送湯設備
源泉権利(熱の湯)
一式
注釈
  • 鷺の湯の源泉権利は、共有総代新穂潟上集落代表に帰属します。

備品

譲渡物件で現在管理している物品(備品および消耗品等)は、すべて無償で譲渡します。

貸与物件(無償)(土地)

所在地地目地積備考
新穂潟上1111宅地1,584.82平方メートル借地
新穂潟上1105-3宅地 86.88平方メートル借地
新穂潟上1105-2宅地243.12平方メートル借地
新穂潟上1105-1宅地102.18平方メートル借地
新穂潟上1101-24宅地245.76平方メートル鉱泉地
新穂潟上1100-2404.00平方メートル 
新穂潟上1100-1146.00平方メートル 
新穂潟上1099-3用悪水路21.00平方メートル 
新穂潟上1099-1601.00平方メートル 
新穂潟上1098-3用悪水路22.00平方メートル 
新穂潟上1098-1828.00平方メートル 
新穂潟上1097-3用悪水路19.00平方メートル 
新穂潟上1097-1934.00平方メートル 
新穂潟上1096-3用悪水路17.00平方メートル 
新穂潟上1096-1894.00平方メートル 
新穂潟上1094-3用悪水路19.00平方メートル 
新穂潟上1094-1923.00平方メートル 

譲渡の条件(用途の制限)

次に記載の事項のほか譲渡物件の引渡しを受けた日から少なくとも5年間は、その一部または全部において佐渡市民その他一般の利用に供する温泉を活用した事業(以下「温泉事業」という)を行わなければなりません。この場合において、譲受者は、温泉事業の全部または大部分を第三者に委託することはできません。

  1. 風俗営業等の規制および業務の適正化等に関する法律(昭和23年法律第122号)第2条第1項に規定する風俗営業、同条第5項に規定する性風俗特殊営業または同条第9項に規定する接客業務受託営業その他これらに類する業の用に供することはできません。
  2. 暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律第2条第2号に規定する暴力団の事務所の用に供することはできません。
  3. 無差別大量殺人行為を行った団体の規制に関する法律第5条に規定する観察処分の決定を受けた団体の事務所の用に供することはできません。
  4. 施設名称の「新穂健康保養センター新穂潟上温泉」の従来名称の継続使用はできません。
  5. 佐渡緑のリサイクル協同組合と温水等供給契約を継続するものとし、詳細は協議によるものとします。
注釈

畑野温泉保養センター「松泉閣」

譲渡物件(無償)(建物)

物件名構造内容等面積
浴場施設鉄筋コンクリート2階建て1,652.15平方メートル
休憩施設鉄骨造平屋建て432.46平方メートル
廊下施設木造平屋建て42.60平方メートル
井戸管理施設温泉施設排湯設備および温泉送湯設備、源泉権利一式

備品

譲渡物件で現在管理している物品(備品および消耗品等)は、すべて無償で譲渡します。

貸与物件(無償)(土地)

所在地地目地積備考
栗野江字加茂1810-4宅地4,508.76平方メートルの一部借地
栗野江字加茂1810-18宅地311.48平方メートル 
栗野江字加茂1810-20宅地75.33平方メートル 
栗野江字蛇喰1501-2宅地982.27平方メートルの一部鉱泉地

譲渡の条件(用途の制限)

次に記載の事項のほか譲渡物件の引渡しを受けた日から少なくとも5年間は、その一部または全部において佐渡市民その他一般の利用に供する温泉を活用した事業(以下「温泉事業」という)を行わなければなりません。この場合において、譲受者は、温泉事業の全部または大部分を第三者に委託することはできません。

  1. 風俗営業等の規制および業務の適正化等に関する法律(昭和23年法律第122号)第2条第1項に規定する風俗営業、同条第5項に規定する性風俗特殊営業または同条第9項に規定する接客業務受託営業その他これらに類する業の用に供することはできません。
  2. 暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律第2条第2号に規定する暴力団の事務所の用に供することはできません。
  3. 無差別大量殺人行為を行った団体の規制に関する法律第5条に規定する観察処分の決定を受けた団体の事務所の用に供することはできません。
  4. 施設名称の「畑野温泉保養センター松泉閣」および「農村休憩施設夕映えの里」の従来名称の継続使用はできません。
  5. 佐渡緑のリサイクル協同組合と温水等供給契約を継続するものとし、詳細は協議によるものとします。
  6. 農村休憩施設については、譲受者は補助事業処分制限期間(平成38年3月18日)まで補助事業を引き継ぐことになります。補助事業目的用途外での使用はできません。補助事業処分制限期間内において事業継続できなくなったときは、補助金返還義務が生じます。
  7. こがね荘への源泉水の分湯の継続を行わなければなりません。
注釈

このページの先頭へ

「市有財産の譲渡(過去の記録一覧)」へ