メニューをスキップしてタイトルへ



国民健康保険保健データヘルス計画

2017年3月策定(計画期間:平成28年度〜平成29年度)

2017年5月1日、掲載

市民福祉部 市民生活課 国民健康保険係(0259-63-5112)

概要

国は、医療費の適正化を目的として、「国民健康保険法に基づく保健事業の実施等に関する指針の一部改正(平成26年厚生労働省告示第140号)」において「保険者は健康・医療情報を活用してPDCAサイクルに沿った効果的かつ効率的な保健事業の実施を図るための保健事業実施計画(データヘルス計画)を策定した上で、保健事業の実施及び評価を行うもの」としています。

また、国保中央会が開発した国保データベースシステムが整備され、保険者のレセプト情報や健康診断データ、介護保険情報を分析することにより、被保険者の健康課題に対応した保健事業の実施や事業評価が可能になりました。

そこで、生活習慣病の重症化予防と健康寿命の延伸を目的とした保健事業をより具体的・効率的・効果的に展開するために、本計画を策定しました。

計画の期間

平成28年度〜平成29年度

注釈

佐渡市の健康課題

  1. 若い世代から糖尿病・高血圧症の医療費が高い
  2. 肥満者率が高い

目的と目標

目的
元気の循環「自分が元気に、家族や仲間が元気に、地域が元気に!」
大目標
  • 糖尿病の発症及び重症化を予防できる
  • 高血圧の発症及び重症化を予防できる

PDFダウンロード

目次

上記PDFファイルをダウンロードされる際の参考にしてください。

  1. データヘルス計画の基本的事項
    1. 計画策定の背景
    2. 計画の目的
    3. 計画の期間
  2. 佐渡市の現状と特性
    1. 佐渡市の基本情報
    2. 健康・医療情報の分析
      1. 国保医療費の状況
      2. 特定健診結果(有所見者状況・質問表の集計)
      3. 妊婦健診、乳幼児健診結果
    3. これまでの取組状況
    4. 佐渡市の健康課題
    5. 目的・目標の設定
    6. 保健事業の実施内容
    7. データヘルス計画の評価方法の設定
    8. データヘルス計画の見直し
    9. 計画の公表・周知
    10. 事業運営上の留意点
    11. 個人情報の保護
    12. その他計画策定に当たっての留意事項

このページの先頭へ

「施策・計画」のトップへ