メニューをスキップしてタイトルへ



[HTML版]第8次佐渡市交通安全計画

平成19年2月策定(計画年度:平成18〜22年度)(5ページ中:1ページ目)

2007年4月23日、掲載

総務課 防災安全係(0259-63-3111)


「第8次佐渡市交通安全計画」の位置づけ

本計画は、佐渡市交通安全対策会議が、国の交通安全基本計画と新潟県交通安全計画に基づいて、市内における交通安全対策の大綱として策定したものです。

佐渡市の交通事故の特徴は、高齢者の死者が過半数を占めることと、死傷者の中に占める死者の割合が高いことにあります。その要因としては、シートベルトの着用が徹底していないこと、車両の走行速度が高いこと等があげられます。また、雪道での事故防止も特有の課題であります。これらのことから、目標達成に向けて「高齢者の交通事故防止」、「シートベルト着用の徹底」、「安全速度の励行と定着化」、「冬期間の交通事故防止」の4点を重点施策として、関係機関・団体と連携しながら総合的に対策を進め、交通事故を減少させていきたいと考えています。

「第8次佐渡市交通安全計画(HTML版)」の目次

このページの先頭へ

「施策・計画」のトップへ