メニューをスキップしてタイトルへ



第1章:計画の考え方

[HTML版]第8次佐渡市交通安全計画(平成19年2月策定)(5ページ中:2ページ目)

2007年4月23日、掲載

総務課 防災安全係(0259-63-3111)

本ページの目次

計画の基本理念

真に豊かで活力ある社会を構築していくためには、市民の安全と安心を確保していくことが極めて重要です。

交通安全の確保は、安全で安心な社会の実現を図っていくために重要な要素であることから、昭和46年以降7次にわたって「佐渡交通安全計画」を策定し、島内10市町村及び関係行政機関等が一体となって各種の施策を推進してきました。

しかし、近年の交通事故の背景には高齢人口の増加、自動車交通の量的拡大、活動の24時間化等が考えられることから、交通安全対策を効果的に推進するためには、交通情勢の変化に適切に対応して、実効性のある対策を計画的、重点的に実施していく必要があります。

合併後となる第8次佐渡市交通安全計画は、人命尊重の理念に立ち、人優先の交通安全思想を基本とした施策を推進し、市民が安心して外出したり移動したりできる佐渡市を築きあげていくために策定するものです。

計画の性格・期間等

この計画は、佐渡市交通安全対策会議が国の第8次交通安全基本計画及び新潟県交通安全計画に基づき策定するもので、平成18年度から平成22年度までの5年間に講ずべき交通安全に関する施策の大綱を定めたものです。

このページの先頭へ

「第8次佐渡市交通安全計画(HTML版)」の目次へ