メニューをスキップしてタイトルへ



[PDF版]佐渡市国民健康保険 第2期 特定健康診査等実施計画

平成25年3月策定(計画年度:平成25〜29年度)

2013年5月2日、掲載

市民生活課 国保係(0259-63-5112)


概要

近年、高齢化の進行や個人の生活習慣の変化に伴い糖尿病、高血圧症、脂質異常症等の生活習慣病を患う人が多くなっており、医療や介護を必要とする人が増加しています。

このような状況を踏まえ、平成20年4月から「高齢者の医療の確保に関する法律」に基づき、各医療保険を運営する保険者は40歳から75歳未満の被保険者に対して、特定健康診査・特定保健指導を実施することとされました。

本計画は、第1期(平成20〜24年度)の特定健康診査等実施計画の事業評価を踏まえ、平成25〜29年度の特定健康診査・特定保健指導の実施内容を定めたものです。

特定健康診査・特定保健指導はメタボリックシンドロームに着目し、その該当者と予備群を減少させることを目的に行います。生活習慣病の予防対策を行うことで国民健康保険被保険者の健康維持と生活の質の向上及び医療費の適正化につなげます。

計画期間

平成25年度〜平成29年度

特定健康診査と特定保健指導の目標実施率

 特定健康診査実施率特定保健指導実施率
平成25年度52%30%
平成26年度54%40%
平成27年度56%50%
平成28年度58%55%
平成29年度60%60%

PDFダウンロード

目次(全章)

上記PDFファイルをダウンロードされる際の参考にしてください。

このページの先頭へ

「施策・計画」のトップへ