メニューをスキップしてタイトルへ



12月14日に投票所へ行けない方へ、期日前投票などのご案内

平成26年12月14日(日曜日)、第47回衆議院議員総選挙

2014年12月2日、掲載

選挙管理委員会事務局(0259-63-3111)

12月14日に投票所へ行けない方のために、さまざまな制度を用意しています。あてはまるものをご利用ください。

投票日当日に仕事や用事がある方(期日前投票)

下記の場所へ投票所入場券をお持ちのうえ、「期日前投票」をしてください。

市役所 本庁舎

投票期間
平成26年12月3日(水曜日)から12月13日(土曜日)まで
投票時間
午前8時30分から午後8時まで
注釈
  • 最高裁判所裁判官国民審査の投票期間は、12月7日(日曜日)から。

市役所 支所、行政サービスセンター

投票期間
平成26年12月8日(月曜日)から12月13日(土曜日)まで
投票時間
午前8時30分から午後6時まで

受付時に「期日前投票宣誓書」を提出していただきます。受付で「期日前投票宣誓書」用紙を受け取り、記載された「期日前投票の事由」の中から該当するものにチェックして提出してください。

「期日前投票宣誓書」は以下からダウンロードすることもできます。必要事項を記入のうえ、投票場所へお持ちください。

「期日前投票」の詳細な解説

市外滞在中の方(不在者投票)

仕事・学業・旅行などで市外に滞在中の方は、滞在地の選挙管理委員会で「不在者投票」ができます。

「不在者投票請求書」に必要事項を記入し、郵送または持参により佐渡市選挙管理委員会へ必要書類を請求してください。

注釈
  • ファックスやメールによる請求はできません。
  • 持参の場合は、ご家族の方がお持ちいただいてもかまいません。

「不在者投票請求書」は、滞在先の選挙管理委員会で入手するか、下記からダウンロードしてください。

「不在者投票」の詳細な解説

入院中などの方(不在者投票)

入院(入所)している病院・施設で不在者投票ができます。ただし県選挙管理委員会が指定した施設に限ります。

入院(入所)している施設の長(不在者投票管理者)に、投票用紙を請求してください。投票用紙などは郵便でやり取りしますので、お早めに請求してください。

「不在者投票」の詳細な解説

一定の障がいがある方(在宅投票)

身体障害者手帳や戦傷病者手帳が交付されている方のうち、一定の障がいがある場合に限り、ご利用になれます。ただし事前に「郵便投票証明書」の交付を受ける必要があります。

「郵便投票証明書」の交付申請方法や、具体的な投票方法については、選挙管理委員会事務局までお問い合わせください。

「在宅投票」の詳細な解説

このページの先頭へ

「第47回衆議院議員総選挙のお知らせ」へ