メニューをスキップしてタイトルへ



[平成16年度]環境騒音調査結果

2005年3月3日、発表

環境対策課 環境対策係(0259-63-3113)

本ページの目次

一般地域の調査結果

住所測定日
(2004年)
環境基準
類型
騒音規制法
区分
騒音レベル(単位:デシベル)
測定値環境基準値評価
千種10107月29日〜30日A類型第2種62465545××
千種134-18月2日〜3日B類型第2種57455545×
千種1156-18月24日〜25日C類型第3種45456050
梅津2314-110月13日〜14日B類型第2種50445545
加茂歌代235-1310月12日〜13日C類型第3種45496050
中原388-111月30日〜12月1日B類型第2種53445545
下長木380-311月24日〜25日C類型第3種41366050
畑野10002005年2月28日〜3月1日--46395545
吉岡947-17月1日〜2日-第2種46415545
真野6577月3日〜4日-第2種42365545
真野新町540-16月28日〜29日-第3種54666050×
環境基準値超過地点数 22
注釈
  • 「昼」は午前6時〜午後10時、「夜」は午後10時〜翌午前6時。
  • 「○」印は環境基準を達成している地域、「×」印は環境基準を超過している地域。

道路に面する地域の調査結果

住所測定日
(2004年)
車線数環境基準
類型
騒音規制法
区分
騒音レベル(単位:デシベル)備考
測定値環境基準値評価
千種1014-18月9日〜10日1A類型第2種56476055市道千種2号線
千種272-18月12日〜13日2B類型第2種66646560××県道金井・新穂線
千種丙202-18月10日〜11日2C類型第3種71606560×国道350号線
梅津2318-110月15日〜16日2B類型第2種51416560市道加茂幹線4号線
湊19810月18日〜19日2C類型第3種61516560主要地方道両津・真野・赤泊線
相川栄町2-17月5日〜6日2-第3種62526560主要地方道佐渡一周線
窪田811-512月9日〜10日2B類型第2種67596560×主要地方道佐渡一周線
八幡1868-甲12月1日〜2日2C類型第3種69616560××国道350号線
瓜生屋4909月16日〜17日2--65666560×主要地方道両津・真野・赤泊線
畑野甲5332005年3月1日〜2日2--68546560×主要地方道両津・真野・赤泊線
吉岡947-36月29日〜30日2-第2種64556560主要地方道両津・真野・赤泊線
真野665-17月6日〜7日2-第2種62516560主要地方道両津・真野・赤泊線
真野新町4896月24日〜25日2-第3種65566560国道350号線
小木町36-19月30日〜10月1日1--54556560国道350号線
村山10月19日〜20日2--59456560国道350号線
徳和10月25日〜26日2--59446560主要地方道佐渡一周線
環境基準値超過地点数 53 
注釈
  • 「昼」は午前6時〜午後10時、「夜」は午後10時〜翌午前6時。
  • 「○」印は環境基準を達成している地域、「×」印は環境基準を超過している地域。

環境基準値と評価基準

騒音規制法による規制地域が指定されている地点については、第1種にはA類型の、第2種にはB類型の、第3種にはC類型の基準値をそれぞれ当てはめて評価しています(下記表参照)。また、環境基準の地域類型が指定されていない地点の騒音レベルの判定は、一般地域、道路に面する地域ともに、B類型の基準値を当てはめて評価しています。単位はいずれもdB(デシベル)です。

環境基準値

時間帯一般地域道路に面する地域
ABCABC幹線道路
昼間(午前6時〜午後10時)55556060656570
夜間(午後10時〜午前6時)45455055606065

騒音の目安(例)

「騒音」の基準は、それを聞く人の主観や体調などによって異なります。一応の目安として下記の例を参考にしてください。

20デシベル
木の葉がふれあう音、置時計(前方1メートル)の秒針の音
30デシベル
深夜の郊外、ささやき声
40デシベル
図書館、昼の静かな住宅地
50デシベル
静かな事務所
60デシベル
静かな乗用車、普通の会話
70デシベル
電車のベル、騒々しい事務所の中、騒々しい街頭
80デシベル
地下鉄の車内

このページの先頭へ

「トキと環境」のトップへ