メニューをスキップしてタイトルへ



[平成26年度]環境騒音調査結果

2015年7月3日、掲載

環境対策課 環境対策係(0259-63-3113)

本ページの目次

一般地域の調査結果

住所測定日
(2014年)
環境基準
類型
騒音規制法
区分
騒音レベル(単位:デシベル)
測定値環境基準値評価
千種10105月19日〜20日A類型第2種44355545
千種134-16月2日〜3日B類型第2種47375545
千種1156-15月28日〜29日C類型第3種39326050
梅津2314-19月9日〜10日B類型第2種55525545×
加茂歌代235-139月11日〜12日C類型第3種52466050
中原388-110月30日〜31日B類型第2種43345545
下長木380-311月4日〜5日C類型第3種43326050
畑野10006月24日〜25日--50376050
吉岡947-16月11日〜12日-第2種44405545
真野新町540-16月4日〜5日-第3種58366050
環境基準値超過地点数 01
注釈
  • 「昼」は午前6時〜午後10時、「夜」は午後10時〜翌午前6時。
  • 「○」印は環境基準を達成している地域、「×」印は環境基準を超過している地域。

道路に面する地域の調査結果

住所測定日
(2014年)
車線数環境基準
類型
騒音規制法
区分
騒音レベル(単位:デシベル)備考
測定値環境基準値評価
千種1014-16月3日〜4日1A類型第2種50425545市道千種2号線
千種2645月29日〜30日2B類型
幹線交通
第2種63527065県道金井・新穂線
千種丙202-15月27日〜28日2C類型
幹線交通
第3種64567065国道350号
梅津2318-19月10日〜11日2B類型第2種59476560市道加茂幹線4号
両津湊1989月17日〜18日2C類型
幹線交通
第3種58507065主要地方道両津・真野・赤泊線
相川栄町2-16月18日〜19日2-第3種57477065主要地方道佐渡一周線
八幡200210月29日〜30日2C類型
幹線交通
第3種62517065国道350号
窪田811-511月5日〜6日2B類型
幹線交通
第2種60507065主要地方道佐渡一周線
八幡1868-甲10月9日〜10日2C類型
幹線交通
第3種57587065国道350号
八幡2037-1910月8日〜9日2C類型
幹線交通
第4種63517065県道辰巳・中興線
新穂瓜生屋4906月23日〜24日2--56467065主要地方道両津・真野・赤泊線
畑野甲5336月18日〜19日2--65557065主要地方道両津・真野・赤泊線
畑野甲340-16月19日〜20日2--58477065県道多田・皆川・金井線
吉岡947-36月10日〜11日2-第2種53477065主要地方道両津・真野・赤泊線
真野新町2936月16日〜17日2-第3種60497065国道350号
小木町8847月30日〜31日1--57517065国道350号
羽茂上山田11338月5日〜6日2--64557065国道350号
徳和61547月29日〜30日2--56467065主要地方道佐渡一周線
環境基準値超過地点数 00
注釈
  • 「昼」は午前6時〜午後10時、「夜」は午後10時〜翌午前6時。
  • 「○」印は環境基準を達成している地域、「×」印は環境基準を超過している地域。

環境基準値と評価基準

環境基準の地域類型が指定がなく騒音規制法による規制地域が指定されている地点については、第1種にはA類型の、第2種にはB類型の、第3種にはC類型の基準値をそれぞれ当てはめて評価しています(下記表参照)。また、環境基準の地域類型が指定がなく騒音規制法による規制地域も指定されていない地点の騒音レベルの判定は、一般地域、道路に面する地域ともに、その地域を勘案し類型を当てはめて評価しています。単位はいずれもdB(デシベル)です。

環境基準値

時間帯一般地域道路に面する地域
ABCABC幹線道路
昼間(午前6時〜午後10時)55556060656570
夜間(午後10時〜午前6時)45455055606065

騒音の目安(例)

「騒音」の基準は、それを聞く人の主観や体調などによって異なります。一応の目安として下記の例を参考にしてください。

20デシベル
木の葉がふれあう音、置時計(前方1メートル)の秒針の音
30デシベル
深夜の郊外、ささやき声
40デシベル
図書館、昼の静かな住宅地
50デシベル
静かな事務所
60デシベル
静かな乗用車、普通の会話
70デシベル
電車のベル、騒々しい事務所の中、騒々しい街頭
80デシベル
地下鉄の車内

このページの先頭へ

「トキと環境」のトップへ