メニューをスキップしてタイトルへ



[平成16年度]河川水質調査結果

2004年11月26日、発表

環境対策課 環境対策係(0259-63-3113)

本ページの目次

調査結果

調査年月日は、いずれも2004年7月22日です。

管轄:本庁
河川名採水時刻天候気温水温透視度pHBODSSDO
藤津川9時00分27.022.030以上7.40.6188.6
中津川9時15分27.021.530以上7.10.5未満68.6
地持院川9時45分27.525.030以上7.10.5未満48.5
新保川9時30分29.021.530以上7.00.5未満109.0
管轄:両津支所
河川名採水時刻天候気温水温透視度pHBODSSDO
梅津川(上流)10時30分28.516.530以上7.40.5未満29.8
梅津川(下流)10時45分29.019.530以上7.60.5未満19.1
外城川10時10分28.520.530以上7.10.969.3
管轄:相川支所
河川名採水時刻天候気温水温透視度pHBODSSDO
海士町川8時50分26.019.030以上7.42.2249.1
間切川9時00分26.016.030以上5.00.5未満158.4
濁川9時10分26.017.030以上7.40.5未満79.6
管轄:佐和田支所
河川名採水時刻天候気温水温透視度pHBODSSDO
質場川8時50分28.020.030以上7.40.8108.9
玄道川9時10分28.019.030以上7.50.578.5
常江川9時30分28.021.530以上7.02.197.7
荒町川9時20分28.021.030以上7.80.6139.1
石田川9時40分28.022.030以上7.30.539.4
管轄:新穂支所
河川名採水時刻天候気温水温透視度pHBODSSDO
天王川(本流)10時35分27.023.030以上7.20.568.4
国府川11時00分30.126.430以上7.30.938.2
大野川11時10分27.023.930以上7.35.418.8
管轄:畑野支所
河川名採水時刻天候気温水温透視度pHBODSSDO
小倉川8時50分25.521.530以上7.40.5未満78.9
長谷川9時20分25.520.530以上7.50.5未満88.9
何代川9時10分25.521.030以上7.20.968.9
管轄:真野支所
河川名採水時刻天候気温水温透視度pHBODSSDO
西三川川9時15分27.021.130以上7.30.5未満38.8
小川内川9時40分27.320.930以上7.40.5未満39.1
真野川9時50分27.521.330以上7.20.5119.5
高立川9時55分27.722.030以上7.21.8109.3
大道川10時25分28.221.630以上7.00.789.9
国府川10時05分28.023.330以上6.91.5176.7
管轄:小木支所
河川名採水時刻天候気温水温透視度pHBODSSDO
小比叡川10時11分29.023.030以上7.70.659.6
泉財川9時47分29.023.530以上8.21.1910.0
称光寺川9時27分29.518.530以上7.71.238.3
管轄:羽茂支所
河川名採水時刻天候気温水温透視度pHBODSSDO
羽茂川(羽茂)9時30分25.021.030以上7.50.969.2
管轄:赤泊支所
河川名採水時刻天候気温水温透視度pHBODSSDO
羽茂川(赤泊)10時12分28.019.530以上7.10.5未満49.2
腰細川9時45分29.022.030以上7.40.5未満39.3
田崎川8時58分27.021.030以上7.40.5未満99.5
高川川9時26分26.021.530以上7.21.388.6

環境基準を超過した河川の、再調査結果

7月22日の調査で環境基準を超過した河川(海士町川・間切川・常江川・大野川)について、10月7日に再調査を実施しました。二回分の調査結果を河川毎に併記します。

海士町川(相川)
 採水時刻天候気温水温透視度pHBODSSDO
第1回8時50分26.019.030.0以上7.42.2249.1
第2回(再調査)10時25分27.015.518.07.91.53410.0
平均値24.07.71.9299.6
注釈
  • 第1回調査で基準値超過となったBODは、2.2から1.5へと改善しましたが、SSの値が24から34と悪化しました。
間切川(相川)
 採水時刻天候気温水温透視度pHBODSSDO
第1回9時00分26.016.030.0以上5.00.5未満158.4
第2回(再調査)10時10分27.015.530.0以上6.10.7179.0
平均値30.0以上5.60.6168.7
注釈
  • 第1回調査で基準値超過となったpHは、今回も6.1と酸性が強く、基準値を達成しませんでした。この原因について調べるとともに、水質の監視を行っていきます。
常江川(佐和田)
 採水時刻天候気温水温透視度pHBODSSDO
第1回9時30分28.021.530.0以上7.02.197.7
第2回(再調査)11時00分22.018.030.0以上7.03.3710.0
平均値30.0以上7.02.788.9
注釈
  • 第1回調査で基準値超過となったBODは、2.1から3.3へと悪化しました。生活排水による水質汚濁の防止を啓発し、水質改善を図ります。
大野川(新穂)
 採水時刻天候気温水温透視度pHBODSSDO
第1回11時10分27.023.930.0以上7.35.418.8
第2回(再調査)15時20分21.018.530.0以上7.80.629.6
平均値30.0以上7.63.029.2
注釈
  • 第1回調査で基準値超過となったBODは、5.4から0.6へと改善しました。

用語および単位の解説

気温と水温の単位
℃(摂氏・度)。
透視度
直径3センチメートル、高さ30センチメートル程度の下口付きガラス管に河川水を入れ、底にある指標板の十文字が判別できる高さのこと。単位はセンチメートル。
pH(水素イオン濃度)
水質の酸性あるいはアルカリ性の程度を示す指標で、7は中性、7以下は酸性、7以上はアルカリ性を示しています。
BOD(生物化学的酸素要求量)
河川の有機物による汚れの指標で、数値が大きいほど水が汚れていることを示しています。単位はmg/l(ミリグラム毎リットル)。
SS(浮遊物質量)
水中に浮遊する物質の量をいい、数値が大きいほど水が濁っていることを示しています。単位はmg/l(ミリグラム毎リットル)。
DO(溶存酸素量)
水が汚染され有機物の量が多くなるほど減少します。単位は、mg/l(ミリグラム毎リットル)。
大腸菌群数
水中に含まれる大腸菌群を数値化したもので、水質汚濁の指標になります。単位はMNP/ml(エムピーエヌ毎100ミリリットル)。

このページの先頭へ

「トキと環境」のトップへ