メニューをスキップしてタイトルへ



119番通報の方法(電話・ファックス)

2009年10月1日、掲載

消防本部(0259-51-0119)

救急車の呼び方

交通事故に遭遇したり、急病人を発見した時は、すぐに119番へ通報しましょう。通報が遅れると命に関わることもあります。落ちついてダイヤルしてください。通信員が順を追ってお聞きしますので、救急の状況や住所(現場や近くの目標物)などを落ち着いてはっきりと伝えてください。主に次のような項目をお聞きします。

通報例

「交通事故です。場所は佐和田地区○○の前の交差点です」

「○○地区○○番地の○○です。お母さんが血を吐いて倒れました。呼吸はしていますが意識がありません」

公衆電話による通報

公衆電話の種類によってかけ方が違います。

緑色(緊急通報用ボタンつき)

受話器を上げて緊急通報ボタンを押してから、119をプッシュ。

カードでも硬貨でも通報できます。

灰色(デジタル公衆電話)

受話器を上げて、119をプッシュ。

カードでも硬貨でも通報できます。

ピンク(普通公衆電話)

119をダイヤルしても会話が一方通行となり、通報者の声は聞こえないので、

  • 受話器を置き呼び返しを待つ。
  • 公衆電話の置いてある店の人にカギで切り替えてもらってからダイヤルする。

携帯電話による通報

ファックスによる通報

次の4項目を紙に記入し、ファックスで送信してください。ファックス番号は、局番なしの「119」です。

  1. 火災や救急などの種別
  2. 住所(火災の発生場所、救急車などの向う場所、または住宅の世帯主のお名前)
  3. 火災や救急の状況
  4. あなたの住所、氏名、FAX番号

このページの先頭へ

「救急情報」のトップへ