メニューをスキップしてタイトルへ



消防本部 本部庁舎

2009年10月1日、掲載

消防本部(0259-51-0119)

消防本部 本部庁舎

防災センター外観

消防本部・中央消防署庁舎は、2階に指令センターと事務室を設置し、24時間勤務する職員の居住スペースを1階に配置しています。また、トレーニングルームや訓練塔を設けています。 停電時には、非常用発電機が防災センターと消防庁舎の電源を確保します。(20時間の連続運転が可能)

消防本部 本部庁舎の施設

通信指令室

通信室 通信室
事務室

事務室

色彩を白で統一し、収納棚の高さを制限することにより明るく開かれたイメージを強調しています。

車庫

車庫

20台の消防車両を収容するため、柱のないワンフロアーのスペースを確保し、車両の出動をスムーズにします。

出動ホール・仮眠室

出動ホールは、迅速な出動が出来るようにパニックドアを採用しています。仮眠室から出動ホールまでの動線を一直線とし、迅速な出動が可能となります。

出動ホール 仮眠室
訓練塔

訓練塔

訓練塔はA・B・Cの3棟からなり、全国救助技術大会の基準に合わせて作られています。

このページの先頭へ

「組織・施設・統計」のトップへ