メニューをスキップしてタイトルへ



本ページは、過去の記録として存在するものです。閲覧・ご利用にあたっては、次の点にご注意ください。

  1. 内容は掲載日(更新日)時点のものであり、現在は無効になっている場合があります。
  2. 担当課は変更になっている場合があります。(現在は当該課が存在しない場合もあります)
  3. 記事中のリンクが切れている場合があります。

すみやかに点検・部品交換をしてください

ナショナル製FF式石油暖房機をお持ちの方へ

2005年12月5日、発表

松下電器産業株式会社(フリーダイヤル:0120-872-773)


緊急命令の対象製品

松下電器産業(株)で製造販売した下記の型番の温風暖房機は、一酸化炭素が漏洩する恐れがあります。

ご使用の機種が下記の型番に該当する場合は、すぐに使用を中止し、換気をしたうえで、ご購入された店舗か松下電器産業(株)にお問い合わせください。

昭和60年〜平成3年に製造された、FF式石油温風機

平成3年〜平成4年に製造された、FF式石油温風機

平成元年〜平成3年に製造された、石油フラットラジアントヒーター

詳しい情報については、松下電器産業のホームページ「松下電器産業(ナショナル)社製石油暖房機の回収・無償点検修理のお知らせ」をご覧いただくか、松下電器産業(株)へお問い合せください(フリーダイヤル:0120-872-773)。

緊急命令の状況

以下、経済産業省公表資料からの抜粋です。

松下電器産業(株)製の温風暖房機から漏洩した一酸化炭素による中毒事故が、本年1月、2月、4月に合計3件発生しました(うち1件は1名死亡)。これを踏まえ、当省の指導の下、同社は4月21日に社告を行いリコールを開始しており、11月24日時点での措置済み台数は、55,499台(対象製品の販売台数152,132台比:36%)となっています。

しかしながら、11月21日に4件目の事故(1名が死亡)が発生しました。これら一連の事故は給気用エアホースに入った亀裂から一酸化炭素が漏洩したことで発生した可能性が高いとみられます。当省は、同様の事故が再発する可能性が高いと考え、同社に対して、消費生活用製品安全法第82条の規定に基づき、該当する製品について、回収又は点検及び改修、危険性の周知等必要な措置をとるべき旨の緊急命令を、平成17年11月29日付けで発動しました。

経済産業省「松下電器産業株式会社に対する消費生活用製品安全法第82条に基づく緊急命令について」(平成17年11月29日)から引用

詳しい内容については、経済産業省の報道発表「松下電器産業株式会社に対する消費生活製品安全法第82条に基づく緊急命令について」をご覧ください。

このページの先頭へ

「2005年10〜12月の新着情報」へ