メニューをスキップしてタイトルへ



本ページは、過去の記録として存在するものです。閲覧・ご利用にあたっては、次の点にご注意ください。

  1. 内容は掲載日(更新日)時点のものであり、現在は無効になっている場合があります。
  2. 担当課は変更になっている場合があります。(現在は当該課が存在しない場合もあります)
  3. 記事中のリンクが切れている場合があります。

長岡市と「集客プロモーションパートナー都市協定」を締結

2007年1月9日、締結

秘書課広報広聴係(0259-63-5134)

1月9日(火曜日)、長岡市役所で、佐渡市と長岡市による「集客プロモーションパートナー都市協定」の調印式が開催されました。これは、両市が一体となって観光PRを展開するために、協働でイベント等を実施していくための協定です。平成18年1月1日に長岡市と寺泊町が合併したことにより、長岡市と佐渡市が海をはさんで隣接する市となったことで、共に観光復興を進めていこうと今回の協定の運びとなりました。

調印式のテーブルには、佐渡市のシンボル「朱鷺」と長岡市の復興のシンボル「フェニックス」を表した卓上旗が飾られ、長岡市からは森市長ほか5名、佐渡市からは高野市長ほか5名が出席し、関係者が見守るなか両市長の署名により調印が行われました。

今後、両市が協働で地域の魅力を洗い出し、観光ルートを策定し、首都圏を中心として積極的なプロモーション活動を展開していくことになります。イベントの協働開催やPR活動の推進によって、両市への観光客の増加・観光の振興がおおいに期待されます。

佐渡・長岡の両市長による調印式の様子

協定の主な内容

関係するホームページ

このページの先頭へ

「2007年1〜3月の新着情報」へ