メニューをスキップしてタイトルへ



本ページは、過去の記録として存在するものです。閲覧・ご利用にあたっては、次の点にご注意ください。

  1. 内容は掲載日(更新日)時点のものであり、現在は無効になっている場合があります。
  2. 担当課は変更になっている場合があります。(現在は当該課が存在しない場合もあります)
  3. 記事中のリンクが切れている場合があります。

「レジ袋ゼロ運動」にご協力をお願いします

4月1日、レジ袋の有料化を開始

2007年3月7日、発表

廃棄物対策課企画業務係(0259-63-5140)


皆様へのお願い

お店の方へ

市民の方へ

背景説明:なぜ「レジ袋」なのか

「レジ袋」製造のために1枚あたり約18CCの原油が消費されています。「レジ袋」の多くは各家庭にしまいこまれ、その後ごみとして捨てられています。ごみ焼却の際には地球温暖化の原因となる二酸化炭素が発生します。

レジ袋は現在こんなに使われています。

「レジ袋」製造のために原油がこんなに使われています。

佐渡市では年間およそ2千万枚の「レジ袋」(ごみ量にしておよそ200トン)が使われています。この膨大な無駄を、4月からの「レジ袋ゼロ運動」によって70%減量したいと考えています。

消費者団体の声

この運動は市民とお店と行政が一緒に取り組むことが大切です。私たちもこの運動を一緒になって取り組みたいと思います。皆さんよろしくお願いします。

このページの先頭へ

「2007年1〜3月の新着情報」へ