メニューをスキップしてタイトルへ



本ページは、過去の記録として存在するものです。閲覧・ご利用にあたっては、次の点にご注意ください。

  1. 内容は掲載日(更新日)時点のものであり、現在は無効になっている場合があります。
  2. 担当課は変更になっている場合があります。(現在は当該課が存在しない場合もあります)
  3. 記事中のリンクが切れている場合があります。

国民健康保険税を一部変更しました

2011年8月12日、掲載

市民生活課 国保係(0259-63-5112)

国民健康保険税について、暮らしのガイド国民健康保険・国民年金コーナー内の一部ページを更新しました。

変更点は下記のとおりです。

国保で受けられる医療と、自己負担

下記「入院時の食事代の自己負担」を追加しました。

入院時の食事代の自己負担

区分標準負担額
一般および現役並み(上位)所得者260円
住民税非課税世帯低所得II90日までの入院210円
過去12か月で90日を超える入院160円
低所得I100円

住民税非課税世帯の方は減額される場合があります。詳しくは下記ページをご覧ください。

高額療養費

これまでは、申請時に「郵便局以外で発行された通帳」が必要でしたが、「郵便局で発行された通帳」でも申請できるようになりました。

また、「限度額」を下記のように変更しました。

変更前

区分限度額
上位所得者世帯150,000円+医療費の1%
一般80,100円+医療費の1%
非課税35,400円

変更後

70歳未満の場合

区分限度額
上位所得者世帯150,000円+(医療費総額−500,000円)の1%
一般80,100円+(医療費総額−267,000円)の1%
非課税35,400円

70歳以上75歳未満の場合

区分限度額
外来外来と入院
現役並み所得者44,400円80,100円+(医療費総額−267,000円)の1%
一般12,000円44,400円
低所得II8,000円24,600円
低所得I8,000円15,000円

場合により減額されることがあります。詳しくは下記ページをご覧ください。

療養費・出産育児一時金・葬祭費

これまでは、申請時に「郵便局以外で発行された通帳」が必要でしたが、「郵便局で発行された通帳」でも申請できるようになりました。

詳しくは下記ページをご覧ください。

このページの先頭へ

「2011年7〜9月の新着情報」へ