メニューをスキップしてタイトルへ



本ページは、過去の記録として存在するものです。閲覧・ご利用にあたっては、次の点にご注意ください。

  1. 内容は掲載日(更新日)時点のものであり、現在は無効になっている場合があります。
  2. 担当課は変更になっている場合があります。(現在は当該課が存在しない場合もあります)
  3. 記事中のリンクが切れている場合があります。

放鳥トキのひなの愛称が決まりました(速報)

平成24年5月募集

2012年5月23日、掲載

農林水産課 生物多様性推進室 トキ政策係(トキ交流会館内)(0259-24-6040)

5月11〜21日に放鳥トキのひなの愛称を募集したところ、全国から6,193通のご応募をいただきました。多数のご応募をいただきまして、深く感謝しています。

お寄せいただいた愛称の数々を佐渡市で審査し、下記のように決めさせていただきましたので、取り急ぎお知らせします。

放鳥トキひなの愛称

注釈

2011年3月に放鳥したペア(3才オスと2才メス)のひな、3羽

  1. みらい
  2. ゆめ
  3. きぼう

2010年11月に放鳥したペア(5才オスと3才メス)のひな、3羽

  1. きずな
  2. ぎん
  3. きせき

2009年9〜10月に放鳥したペア(4才オスと4才メス)のひな、2羽

  1. そら
  2. 美羽(みう)

ご応募いただきました皆様、ほんとうにありがとうございました。

これからも、トキと佐渡島へのご支援をどうぞよろしくお願いいたします。

トキの野生復帰のために、ぜひご協力ください

5月23日現在、自然界には8羽のひなが確認されており、今後も孵化が続くことが期待されています。けれども、天敵の問題や自然環境の整備など、今後の道のりは決して平坦ではありません。近い将来、ほんとうの意味でトキが野生復帰できるように、ぜひ皆様のお力を貸してください。

「トキ環境整備基金」へご寄付ください

佐渡島内では、官民一体となって、トキ野生復帰のための環境整備を進めています。

  • 営巣地となる里山の保全
  • 餌場となるビオトープの整備(棚田の復元やビオトープの造成)
  • 環境保全型農法の普及
  • ドジョウ養殖の助成
  • その他

多額の経費を要するこれらの事業推進のために、ぜひご支援をお願いいたします。

佐渡市トキ環境整備基金

「ふるさと納税」にご協力ください

佐渡の活性化のために、「佐渡ふるさと島づくり寄付金(ふるさと納税)」を募集しています。

  • 人と自然にやさしい島づくり応援コース
    • トキの餌場確保のためのビオトープづくりなどを応援
    • ごみの減量化や自然エネルギーの活用などの活動を応援
  • 教育と文化の薫るまちづくり応援コース
  • 世界遺産推進基金コース
  • その他

上記のなかから用途を指定してご寄付いただけます(寄付金の一部を住民税などから控除できます)。トキの舞う島、佐渡を、ぜひご支援ください。

佐渡ふるさと島づくり寄付金(ふるさと納税)

佐渡へ遊びに来てください

佐渡島へ遊びに行ってみたい、でも団体旅行の観光ツアーはつまらない…。 そんなあなたのために、島暮らし佐渡体験ツアー佐渡準市民制度をご用意しています。ぜひ一度、佐渡島へお越しください!

交流・定住情報

これからも、トキと佐渡島へのご支援をどうぞよろしくお願いいたします。


関連ページ

このページの先頭へ

「2012年4〜6月の新着情報」へ