メニューをスキップしてタイトルへ



本ページは、過去の記録として存在するものです。閲覧・ご利用にあたっては、次の点にご注意ください。

  1. 内容は掲載日(更新日)時点のものであり、現在は無効になっている場合があります。
  2. 担当課は変更になっている場合があります。(現在は当該課が存在しない場合もあります)
  3. 記事中のリンクが切れている場合があります。

国土交通省が、平成25年度離島流通効率化事業案件の追加募集を行っています。

提出期限は7月1日

2013年5月23日、掲載

地域振興課 離島交流係(0259-63-4152)

国土交通省では、離島流通効率化事業の平成25年度案件の追加募集を行っています。今年度、実施を予定している案件がありましたら、別紙様式に事業内容等を記載の上、提出をお願いします。

事業の概要

目的

離島の流通効率化に効果のある施設の整備や機材の導入に対して支援を行うことにより、離島の振興を図ることを目的とする。

事業実施主体

  1. 自治体:都道県、市町村
  2. 民間団体:農協、漁協、森林組合、生産組合、会社法人など
注釈
  • 2の場合、自治体と関係機関で構成される「流通効率化協議会」の設置が必要

補助対象施設

海上輸送、保管、荷さばき、流通加工の過程で流通の効率化に効果のある施設整備(改築等含む)又は機材

  1. 施設
    物流拠点施設、製氷貯氷施設、冷蔵冷凍施設、荷捌き施設、集荷施設、加工施設など
  2. 機材
    冷蔵コンテナ、冷蔵冷凍車、フォークリフト、各種トラック、汎用自動梱包機、冷蔵庫、冷凍庫、包装機、急速凍結設備、製氷機、乾燥機、砕氷装置、加工機、真空包装機など
  3. 付属設備
  4. 対岸本土側での施設整備、船舶改良(保冷施設の設置、燃費向上)

対象経費

(施設整備)…工事費、測量設計費

(機材導入)…機械器具費、工事雑費

補助率

2分の1以内(予算の範囲内での交付)

事業実施に必要な要件

注釈
  • 全ての要件を満たす必要があります。
  1. 物資の島外への移出・島内への移入について、流通効率化に効果があるもの
  2. 複数の異業種による共同利用が前提(協議会を設置)
  3. 流通効率化計画の策定が必要(事業内容、目標などを記載)
  4. 計画において、具体的な目標を設定(目標期間:3〜5年、流通コスト低減○%)
  5. 目標期間終了後、評価報告書を提出(目標の達成状況を記載)
  6. 目標の達成率が7割未満の場合、改善計画を提出(運営方法、利用形態の再検討)

なお、事業の詳細については、下記の要綱・要領をご覧ください。

想定スケジュール

5月〜6月 案件登録(事業者→市→国)

7月〜8月 市補正予算計上

9月 市補正予算成立

以後 補助金申請→交付決定後、事業開始(来年3月末まで)

応募方法

別紙 登録様式に必要事項を記入し、下記のアドレスにお送りください。

提出期限:7月1日(月曜日)

注釈
  • 期限後の受付も可能ですが、補助金に限りがありますので、お早めに提出願います。

応募先・問合先

佐渡市役所 地域振興課(担当:鶴間)

このページの先頭へ

「2013年4〜6月の新着情報」へ