メニューをスキップしてタイトルへ



本ページは、過去の記録として存在するものです。閲覧・ご利用にあたっては、次の点にご注意ください。

  1. 内容は掲載日(更新日)時点のものであり、現在は無効になっている場合があります。
  2. 担当課は変更になっている場合があります。(現在は当該課が存在しない場合もあります)
  3. 記事中のリンクが切れている場合があります。

「佐渡農業振興大会:朱鷺と暮らす郷づくり推進フォーラム」を開催します

2月23日、トキのむら元気館で。入場無料、申込不要

2014年2月17日、掲載

農林水産課 生物多様性推進室 生物共生推進係(0259-63-5117)

佐渡では朱鷺と共生する農業を確立させるため、「朱鷺と暮らす郷づくり認証制度」を立ち上げるなど、佐渡産米のブランド化を進めてきました。しかし農業者の高齢化や後継者不足により、個人・法人にかかわらず、農業生産の継続が不安視されており、維持発展のための体制づくりが急務となっています。

そこで、地域が一体となったブランド化をいっそう進め、農業生産体制を再構築するため、「佐渡農業振興大会:朱鷺と暮らす郷づくり推進フォーラム」を開催します。お誘いあわせのうえ、ぜひお越しください。

概要

日時
2月23日(日曜日)、13時30分〜16時30分(受付:13時〜)
会場
トキのむら元気館(新穂瓜生屋362-1)
入場料
無料
主催
佐渡農業振興連絡会、朱鷺と暮らす郷づくり推進協議会、佐渡地域振興局農林水産振興部

内容

タイムスケジュール

13時30分
開会挨拶
13時35分
「これからの佐渡農業の発展に向けて」(佐渡市農林水産課長)
13時50分
講演「「食」のブランド化による農業と観光の連携」(株式会社自遊人 代表取締役、岩佐 十良 氏)
15時
講演「地域の発意による広域的なむらづくり」(櫛池農業振興会 会長、羽深 明治 氏)
16時
総合討議
16時25分
閉会挨拶
注釈
  • 標題などは変更する場合があります。

講師プロフィール

岩佐 十良 氏
東京都出身。2004年に新潟県南魚沼に移住。株式会社自遊人 代表取締役、雑誌「自遊人」編集長、農業生産法人自遊人ファーム 代表取締役。雪国A級グルメプロデューサーとして活躍。うまさぎっしり新潟「食のプロデュース会議」座長、第65回全国植樹祭「基本構想検討会」委員などを歴任。
羽深 明治 氏
上越市清里区出身。平成21年より櫛池農業振興会長として活躍。櫛池地区(11集落)で広域的なむらづくりに取り組む。平成19年新潟県優良経営体表彰事業(むらづくりの部)県知事賞受賞、平成20年第30回豊かなむらづくり全国表彰事業で農林水産大臣賞受賞、第47回農林水産祭むらづくり部門で天皇杯を受賞。

問合先

佐渡市役所 農林水産課 生物多様性推進室 生物共生推進係

佐渡地域振興局 農林水産振興部 農業企画課

このページの先頭へ

「2014年1〜3月の新着情報」へ