メニューをスキップしてタイトルへ



本ページは、過去の記録として存在するものです。閲覧・ご利用にあたっては、次の点にご注意ください。

  1. 内容は掲載日(更新日)時点のものであり、現在は無効になっている場合があります。
  2. 担当課は変更になっている場合があります。(現在は当該課が存在しない場合もあります)
  3. 記事中のリンクが切れている場合があります。

観光戦略官と広報戦略官の採用内定者が決まりました

2014年3月6日、掲載

総合政策課 政策推進係(0259-63-3802)

観光施策と広報施策を戦略的に展開するために観光戦略官と広報戦略官を募集した結果、25名の方からご応募いただきました。

選考の結果、採用内定者 各1名が決まりましたので、お知らせします。

なお、いずれも市の非常勤特別職として採用し、任用期間は平成26年4月1日〜平成27年3月31日とします。(活動実績により最長2年まで更新)

観光戦略官

南雲 純子(なぐも・じゅんこ)
43歳、新潟県南魚沼郡湯沢町 在住

略歴

平成3年3月文教大学女子短期大学部、卒業
平成3年4月大東建託 株式会社(社長室、営業企画部)
平成6年6月株式会社 リクルート(国内旅行営業部)
平成24年10月株式会社 リクルートライフスタイル(旅行営業統括部)
平成25年6月退社(以降フリーとして活動)

職務内容

佐渡金銀山、ジオパーク、世界農業遺産などを活用した魅力的な滞在型観光の促進を図るための職務で、次に掲げる事項

  1. 観光素材の磨き上げ
  2. 参加型および体験型観光プログラムの充実
  3. 迅速な旅行商品への反映
  4. その他、市長が必要と認めた事項

広報戦略官

田中 雅子(たなか・まさこ)
46歳、東京都杉並区 在住

略歴

平成3年3月早稲田大学、卒業
平成3年4月株式会社 博報堂(PR戦略局)
平成23年6月退社(以降フリーとして活動)

職務内容

ソーシャルメディアなどを活用した効果的かつ効率的な情報発信体制整備及び仕組みづくりを図るための職務で、次に掲げる事項

  1. 市民による佐渡の魅力発信に向けた機運の醸成
  2. フェイスブック、広報紙、ホームページなどによる効果的かつ効率的な情報発信体制の構築
  3. 市職員への広報などの研修
  4. その他、市長が必要と認めた事項

ご参考:応募受付状況

応募職種

観光戦略官14人
広報戦略官11人
合計25人

応募者の勤務地などの内訳

佐渡市内4人
新潟県内(佐渡市以外)11人
新潟県外(三大都市圏)9人
国外1人
合計25人

このページの先頭へ

「2014年1〜3月の新着情報」へ