メニューをスキップしてタイトルへ



本ページは、過去の記録として存在するものです。閲覧・ご利用にあたっては、次の点にご注意ください。

  1. 内容は掲載日(更新日)時点のものであり、現在は無効になっている場合があります。
  2. 担当課は変更になっている場合があります。(現在は当該課が存在しない場合もあります)
  3. 記事中のリンクが切れている場合があります。

制度融資利子助成事業のお知らせ

第1次 申込期間は、5月30日まで

2014年3月27日、掲載

産業振興課 商業振興係(0259-63-3791)

消費税増税による中小企業への影響を最小限に抑えるために、本来の融資必要額に対する利子相当分を市が助成します。

助成対象者

平成26年度中に佐渡市制度融資(地方産業育成資金産業振興資金)の融資決定を受け、融資の実行がされる事業者。

対象となる資金使途は、運転資金・設備資金(上限額は合わせて1,000万円、ただし運転資金については上限額500万円)とし、借換えは対象外とします。

本事業の対象となる融資は、繰上げ返済することはできません。

利子助成率

100%

申込期間

第1次
平成26年4月1日(火曜日)〜5月30日(金曜日)
第2次
平成26年6月中旬〜(予定)
注釈
  • 予算額に達した場合は、追加受付を行わない場合があります。

申請方法

各金融機関で、備え付けの様式をご利用のうえ申請してください。

利子助成方法

融資の際に、借入必要額に対する利子総額分(1,000円未満は切捨)を事業主へ助成します。(借入必要額から利子総額を差し引いた分が、事業主の実際の借入額となります)

融資のイメージ図

例: 借入必要額が1,000万円の場合(利子額を50万円と仮定します)

  1. 通常の融資での返済額は「1,000万円(元金)+利子50万円=1,050万円」
  2. 佐渡市で利子相当額を助成することにより、融資額は助成金50万円を差し引き1,000万円から950万円に減額されます。
  3. 助成後、実際の返済額は「950万円+利子分」となります。
  4. 融資額が1,000万円から950万円に減額されるため、利子分についても減額されます。
  5. このため、借入必要額1,000万円と助成後の返済額「950万円+利子分」を比較した場合、総額では助成後の返済額の方が少なく融資を受けることができます。

このページの先頭へ

「2014年1〜3月の新着情報」へ