メニューをスキップしてタイトルへ



本ページは、過去の記録として存在するものです。閲覧・ご利用にあたっては、次の点にご注意ください。

  1. 内容は掲載日(更新日)時点のものであり、現在は無効になっている場合があります。
  2. 担当課は変更になっている場合があります。(現在は当該課が存在しない場合もあります)
  3. 記事中のリンクが切れている場合があります。

12月1日から児童扶養手当法の一部が改正されます

該当すると思われる方は、お早めにお問い合わせください

2014年11月27日、掲載

社会福祉課 子育て支援室 子育て支援係(0259-63-5113)

これまで、公的年金(遺族年金、障害年金、老齢年金、労災年金、遺族補償など)を受給する方は児童扶養手当を受給できませんでした。しかし平成26年12月以降は、年金額が児童扶養手当額より低い場合、その差額分の児童扶養手当を受給できるようになります。

ただし佐渡市では、今回の改正で新たに支給対象になる方を把握することができませんので、該当すると思われる方は、お早めにお問い合わせいただき、忘れずに手続きをしてください。

注釈
  • 手当の額は所得に応じて変わります。お子様が一人の場合は満額で年間492,240円、二人の場合は552,240円です(平成26年11月現在)。公的年金等の年額がこれより低い場合はご相談ください。

改正により新たに手当を受け取れる場合

新たに手当を受給するための手続き

児童扶養手当を受給するためには申請が必要です。詳しくは市役所 社会福祉課 子育て支援係までお問い合わせください。

ご注意ください

佐渡市では、今回の改正で新たに支給対象になる方を把握することができませんので、該当すると思われる方は、お早めにお問い合わせいただき、忘れずに手続きをしてください。

参考リンク

改正について詳しくは下記リンク先をご覧ください。

児童扶養手当については下記リンク先をご覧ください。

このページの先頭へ

「2014年10〜12月の新着情報」へ