メニューをスキップしてタイトルへ



本ページは、過去の記録として存在するものです。閲覧・ご利用にあたっては、次の点にご注意ください。

  1. 内容は掲載日(更新日)時点のものであり、現在は無効になっている場合があります。
  2. 担当課は変更になっている場合があります。(現在は当該課が存在しない場合もあります)
  3. 記事中のリンクが切れている場合があります。

平成27年1月 診療分から、高額療養費が変更されます

2014年12月11日、掲載

市民生活課 国保係(0259-63-5112)

高額療養費とは、国民健康保険加入者の一か月間の医療費が高額になったときに支給されるものです。

平成27年1月 診療分から限度額などが変更されますので、お知らせします。

70歳未満の場合

変更前(平成26年12月 診療分まで)

区分限度額
3回目まで多数該当
上位所得者世帯150,000円+(医療費総額−500,000円)の1%83,400円
一般世帯80,100円+(医療費総額−267,000円)の1%44,400円
住民税非課税世帯35,400円24,600円
注釈
3回目まで
高額療養費の支給が3回までの場合
多数該当
高額療養費の支給が過去1年間に3回以上ある場合の4回目以降

変更後(平成27年1月 診療分から)

区分
(基準所得額)
限度額
3回目まで多数該当
901万円超252,600円+(総医療費-842,000円)×1%140,100円
600万円超〜901万円以下167,400円+(総医療費-558,000円)×1%93,000円
210万円超〜600万円以下80,100円+(総医療費-267,000円)×1%44,400円
210万円以下57,600円44,400円
住民税非課税世帯35,400円24,600円
注釈
3回目まで
高額療養費の支給が3回までの場合
多数該当
高額療養費の支給が過去1年間に3回以上ある場合の4回目以降
基準所得額
所得金額(「収入金額」から「収入から差し引かれる金額」を差し引いた額)から、基礎控除額(33万円)を差し引いた額

70歳以上75歳未満の場合

70歳以上75歳未満の場合は、下記の表に変更ありませんが、区分の「一般世帯」に基準所得額が210万円以下の方も含みます。

区分限度額
外来外来と入院
住民税課税世帯現役並み所得者44,400円80,100円+(医療費総額−267,000円)の1%
多数該当(4回目以降)の場合は44,400円
一般世帯12,000円44,400円
住民税非課税世帯低所得Ⅱ8,000円24,600円
低所得Ⅰ8,000円15,000円

制度の概要

高額療養費について、詳しくは下記リンク先をご覧ください。

このページの先頭へ

「2014年10〜12月の新着情報」へ