メニューをスキップしてタイトルへ



本ページは、過去の記録として存在するものです。閲覧・ご利用にあたっては、次の点にご注意ください。

  1. 内容は掲載日(更新日)時点のものであり、現在は無効になっている場合があります。
  2. 担当課は変更になっている場合があります。(現在は当該課が存在しない場合もあります)
  3. 記事中のリンクが切れている場合があります。

廃プラスチック(資源ごみ)の分別方法が変わりました

2015年4月から

2015年5月21日、掲載

環境対策課 廃棄物対策係(0259-63-3113)

これまで、プラスチック製の物は「廃プラスチック(資源ごみ)」としてゴミに出せましたが、4月から2種類の物だけが「廃プラスチック」として出せることになりました。

「廃プラスチック(資源ごみ)」として出せる物

  1. 「プラ」マークが付いている容器包装プラスチック
  2. 発砲スチロール

「廃プラスチック」として出せる物は、上記2種類に限ります。それ以外の物は「燃えるゴミ」として出してください。

詳しくは下記リンク先をご覧ください。

このページの先頭へ

「2015年4〜6月の新着情報」へ