メニューをスキップしてタイトルへ



本ページは、過去の記録として存在するものです。閲覧・ご利用にあたっては、次の点にご注意ください。

  1. 内容は掲載日(更新日)時点のものであり、現在は無効になっている場合があります。
  2. 担当課は変更になっている場合があります。(現在は当該課が存在しない場合もあります)
  3. 記事中のリンクが切れている場合があります。

2016年4月1日、佐渡市屋外広告物条例を施行します

2016年2月10日、掲載

建設課 都市計画係(0259-63-5118)

より良好な景観づくりのために、佐渡市景観計画の課題のひとつである屋外広告物について、独自の「佐渡市屋外広告物条例」を定めました。この条例を4月1日に施行しますので、お知らせします。

条例の特徴(県条例からの変更点)

「佐渡市屋外広告物条例」は新潟県屋外広告物条例を土台としながら、下記のような独自の内容を加えました。

注釈
  • 詳しい内容については窓口までお問い合わせください。

地域区分の見直し

市内全域を規制対象とし、特に景観への配慮の必要な地区については、一定規模以上の広告物の設置を禁止する「禁止地域」を指定しました。

広告物の基準の見直し

広告物の面積や高さなどの個別基準を、区域ごとに見直しました。

色彩基準の設定

周囲の景観と調和した屋外広告物を形成できるように、表示面の色彩基準を定めました。

屋外広告物を設置する際、市の許可が必要になる場合があります

一定の規模以上の広告物を設置する場合は、事前に市の許可が必要です。

設置場所や広告物の種類などによって許可基準が異なりますので、事前にご相談ください。

経過措置

これまで適法に表示・設置されていた広告物が条例に適合しなくなる場合は、広告物を変更または改造するときまでを猶予期間(経過措置期間)とします(現行の県条例の規定による)。ただし、変更等が容易でないと認められた場合に限ります。

ご参考:主な屋外広告物の種類

主な屋外広告物の種類


関連ページ

このページの先頭へ

「2016年1〜3月の新着情報」へ