メニューをスキップしてタイトルへ



平成28年度 佐渡金銀山 地域巡回講演会を開催します

佐渡奉行所(9月10日)と、小木マリンプラザ(10月1日)で

2016年8月24日、掲載

世界遺産推進課 登録推進係(0259-63-5136)

佐渡に住んでいても意外に知らない佐渡金銀山や世界文化遺産について、わかりやすく解説する講座です。今年度は「歴史資源の活用」にスポットを当て、地域の魅力を活かした活動を積極的に行っている団体の方々から、市民と行政の協働による歴史資源の保全・活用についてご講演いただきます。

聴講無料・申込不要ですので、お誘い合わせのうえ、ぜひお越しください。(定員 各100名)

相川地区:9月10日(土曜日)

日時
9月10日(土曜日)、13時30分〜15時
会場
佐渡奉行所(地方役所)
演題
世界遺産「紀伊山地の霊場と参詣道」の保存と活用
講師

辻林浩(つじばやし・ひろし)氏

2000年 和歌山県世界遺産登録推進室長、2005年 和歌山県企画部地域振興課分室世界遺産指導員を経て、2007年 和歌山県世界遺産センター長(現職)。2011年より田辺市景観保全審議会長。世界遺産登録の意義や「保全と活用」の普及・啓発、参詣道の保全活動や文化的景観の保全に取り組んでいる。

小木地区:10月1日(土曜日)

日時
10月1日(土曜日)、13時30分〜15時
会場
小木マリンプラザ(大ホール)
演題
佐渡金銀山と北国街道
講師

金子 潤次(かねこ・じゅんじ)氏

中学校社会科教諭を経て、板倉中学校長を最後に退職。1996年より旅行会社JTBの顧問。妙高市文化財調査審議会委員。「妙高市北国街道研究会」・「北國街道の手をつなぐ会」会長。長年北国街道を中心とした地域文化の調査・研究に取り組み、有志による街道散策会を実施し、2014年には、ガイドブック『北国街道を歩こう』を刊行。

主催団体など

主催
佐渡市
共催
佐渡を世界遺産にする会
後援
新潟県教育委員会、佐渡市世界遺産登録推進議員連盟、佐渡金銀山古道を守る会、鶴子銀山へ続く道を歩こう、笹川の景観を守る会、新穂銀山友の会、京町通りを守る会、佐渡まちなみネットワーク、上相川を守る会、NPO法人相川京町町並み保存センター、佐渡金銀山世界遺産登録推進県民会議、佐渡を世界遺産にする新潟の会、佐渡を世界遺産にする首都圏の会

このページの先頭へ

「2016年7〜9月の新着情報」へ