メニューをスキップしてタイトルへ



「大学等と連携した地域活性化実証事業」第1回目の募集結果をお知らせします

2017年6月〜7月 募集分

2017年7月27日、掲載

産業観光部 地域振興課 地域振興係(0259-63-4152)

「大学等と連携した地域活性化実証事業」は、元気で魅力的な地域づくりを推進するため、地域と大学等が連携し、市の施策推進の後押しとなる長期的な活動を実施する場合、島内二次交通費等の負担を軽減・応援する新たな仕組みづくりを行うものです。

2017年6月23日〜7月7日に対象となる活動を募集した結果、9件の応募があり、この9件について活動協力費の支給を決定しましたので、お知らせします。

1 地域の文化資源を活用した学生合宿活動の企画と推進 : 椿尾集落を事例に

グループ名等
上越教育大学芸術系教育実践コース(音楽)玉村研究室
参加予定大学等
上越教育大学
連携する地域
椿尾集落
滞在予定期間
7月21日(金曜日)〜7月23日(日曜日)
参加予定人数
11人
活動協力費支給決定額
100千円
活動の目的
佐渡島は集落に能舞台があり、祭礼で鬼太鼓が演じられるなど、伝統芸能が豊かに息づく「芸能の島」である。こうした地域の特性を生かして、芸能・文化を媒介にした地域交流活動を、地域の人々と協働して企画・立案し、実施する。この活動により、地域活性化の機運を高めるとともに、具体的・一般的にどのような方策が有効であるか、アイデアを出し検証する。

2 ゼミ調査合宿

グループ名等
獨協大学外国語学部交流文化学科鈴木ゼミ
参加予定大学等
獨協大学
連携する地域
達者集落
滞在予定期間
8月23日(水曜日)〜8月28日(月曜日)
参加予定人数
18人
活動協力費支給決定額
100千円
活動の目的
達者集落および佐渡と観光のかかわり、観光が地域にもたらすインパクトについて、フィールド調査をもとに、とくに生活者の視点から明らかにする。

3 宮本常一の撮影記録を活かした佐渡文化の継承と観光活用に関する大学間横断プロジェクト

グループ名等
生活文化研究フォーラム佐渡
参加予定大学等
立教大学、東海大学、東京学芸大学
連携する地域
宿根木集落
滞在予定期間
8月17日(木曜日)〜8月27日(日曜日)
参加予定人数
15人
活動協力費支給決定額
100千円
活動の目的
戦後を代表する民俗学者・宮本常一氏は、昭和30〜50年代に佐渡で民俗調査、農業指導、観光や地域振興など多彩な活動を行った。本活動は宮本氏が残した昭和の佐渡の写真記録をもとに、学生主体の聞き取り調査・撮影調査を実施することで、文化や景観の変化を明らかにしつつ、時とともに忘却されつつある宮本氏の佐渡での学術的遺産を継承する。

4 地域の文化資源を用いた教育と生涯学習の可能性 : セルフキュレーションの観点から

グループ名等
EDU-ISLAND総合教育開発フォーラム佐渡
参加予定大学等
東京学芸大学、東海大学
連携する地域
二見集落、宿根木集落
滞在予定期間
8月13日(日曜日)〜8月21日(月曜日)
参加予定人数
14人
活動協力費支給決定額
100千円
活動の目的
地域の文化資源を活用した教育活動、および地域社会の人々による自身の生活文化の精査と発信(セルフキュレーション)を通じた主体的な社会開発を目指す。

5 佐渡伝統芸能体験活動

グループ名等
平成29年度佐渡伝統芸能体験活動
参加予定大学等
相模女子大学
連携する地域
高千地区、外海府地区
滞在予定期間
8月10日(木曜日)〜8月14日(月曜日)
参加予定人数
10人
活動協力費支給決定額
100千円
活動の目的
高千地区および外海府地区の各集落にて伝統芸能を学び、8月13日に実施される「たかち芸能祭」に参加し、各集落の伝統芸能を披露する。

6 中新統鶴子層から産出する脊椎動物化石の検討

グループ名等
筑波大学地史学古生物学分野
参加予定大学等
筑波大学
連携する地域
羽茂地区、赤泊地区
滞在予定期間
7月20日(木曜日)〜8月9日(水曜日)
参加予定人数
5人
活動協力費支給決定額
100千円
活動の目的
中新世の日本海における魚類、鯨類等の脊椎動物相の多様性を明らかにし、独自の生物相を持つ現在の日本海における生物多様性の保全へ貢献する。

7 地域活性化促進研究

グループ名等
学習院大学上田隆穂ゼミナール
参加予定大学等
学習院大学
連携する地域
小田集落
滞在予定期間
9月11日(月曜日)〜9月13日(水曜日)
参加予定人数
38人
活動協力費支給決定額
100千円
活動の目的
マーケティングのゼミである演習(4年および2年)で地域活性化の実践研究指導を通じて、小田集落の交流人口の増大を図る。

8 佐渡木匠塾(西三川)

グループ名等
芝浦工業大学蟹澤研究室
参加予定大学等
芝浦工業大学
連携する地域
西三川地区
滞在予定期間
8月9日(水曜日)〜8月18日(金曜日)
参加予定人数
28人
活動協力費支給決定額
100千円
活動の目的
佐渡の観光地の一つとなっている酒造店舗の内装を充実させるなど、地域と連携し、訪問客の満足度を高めるとともに観光価値を増幅させる。

9 佐渡木匠塾(稲鯨、佐和田)

グループ名等
芝浦工業大学蟹澤研究室
参加予定大学等
芝浦工業大学
連携する地域
稲鯨集落、佐和田地区
滞在予定期間
7月31日(月曜日)〜8月18日(金曜日)
参加予定人数
9人
活動協力費支給決定額
100千円
活動の目的
佐渡の建築の保存・改修を行い、景観を保存していくことで、佐渡金銀山の世界遺産登録の推進に貢献する。

このページの先頭へ

「2017年7〜9月の新着情報」へ