メニューをスキップしてタイトルへ



「大学等と連携した地域活性化実証事業」第2回目の募集結果をお知らせします

2017年7月 募集分

2017年8月7日、掲載

産業観光部 地域振興課 地域振興係(0259-63-4152)

「大学等と連携した地域活性化実証事業」は、元気で魅力的な地域づくりを推進するため、地域と大学等が連携し、市の施策推進の後押しとなる長期的な活動を実施する場合、島内二次交通費等の負担を軽減・応援する新たな仕組みづくりを行うものです。

7月10日〜7月28日に対象となる活動を募集した結果、3件の応募があり、この3件について活動協力費の支給を決定しましたので、お知らせします。

これをもって、今年度の募集は終了しました。

1 佐渡実習

グループ名等
佐渡実習河崎小学校班、佐渡実習両津吉井小学校班
参加予定大学等
新潟大学
連携する地域
河崎小学校区(城腰、下久知、野崎各地区)、両津吉井小学校区(秋津地区等)
滞在予定期間
9月6日(水曜日)〜9月10日(日曜日)
参加予定人数
12人
活動協力費支給決定額
100千円
活動の目的
小学校および地区の活動を通して、将来教員になった際、どのようにして地区と関わっていけば良いのかを学ぶ。また、遠足の引率補助や授業(5〜6年生)のファシリテーターとして活動する。

2 豊岡の祭り

グループ名等
新潟大学教育学部森下ゼミ
参加予定大学等
新潟大学
連携する地域
豊岡集落
滞在予定期間
8月12日(土曜日)〜8月14日(月曜日)
参加予定人数
12人
活動協力費支給決定額
50千円
活動の目的
豊岡地区の夏祭りには、毎年豊岡出身者が子どもを連れて帰省する。その子どもに豊岡の鬼太鼓を教えて、将来豊岡の芸能・鬼太鼓を引き継ぎ、地域に帰る仕組みづくりを目指す。

3 佐渡島での稽古および演能合宿

グループ名等
一橋観世会
参加予定大学等
一橋大学、国際基督教大学、日本女子大学
連携する地域
潟端地区
滞在予定期間
8月16日(水曜日)〜8月23日(水曜日)
参加予定人数
10人
活動協力費支給決定額
100千円
活動の目的
佐渡の清廉な空気の中で演能合宿を行い、集中的に稽古することによって部員の全体的なレベルアップとともに、師匠・部員間での活発な交流を図る。また、8月21日に諏訪神社にて「ふれあい薪能」を開催し、お世話になった潟端地区の方々に能を披露する。

関連ページ

このページの先頭へ

「2017年7〜9月の新着情報」へ