メニューをスキップしてタイトルへ



「暮らしのガイド」の「国民健康保険・国民年金」を一部変更しました

2017年11月1日、掲載

市民福祉部 市民生活課 年金係(0259-63-5112)

「暮らしのガイド」の「国民健康保険・国民年金」を一部変更しました。

後期高齢者医療制度

「一部負担金」の「自己負担限度額」を変更しました。

また、「一部負担金」の「療養病床に入院する場合の食事代と居住費」の「1日当たりの居住費」を変更しました。

所得区分変更前変更後
現役並み所得者・一般320円370円
区分Ⅱ320円370円
区分Ⅰ320円370円
区分Ⅰの老齢福祉年金受給者0円0円

この制度について詳しくは下記リンク先をご覧ください。

国民年金制度・被保険者

「被保険者の種類」の「任意加入」を変更しました。

変更前
強制加入に該当しない方であっても、「保険料納付済期間や免除期間の合計が25年(300月)に満たない方」はご希望により加入することができます。
変更後
強制加入に該当しない方であっても、「保保険料納付済期間や免除期間の合計が10年(120月)に満たない方」はご希望により加入することができます。

この制度について詳しくは下記リンク先をご覧ください。

老齢基礎年金

「受給条件」を変更しました。

変更前
「保険料を納めた期間」と「免除を受けた期間」の合計が、25年以上であること。
変更後
「保険料を納めた期間」と「免除を受けた期間」の合計が、10年以上であること。

この制度について詳しくは下記リンク先をご覧ください。

遺族基礎年金

「受給対象」を変更しました。

変更前
夫の死亡当時に生計を維持されていた子のある妻、または、18歳未満の子(1・2級の障がい者であれば20歳未満)
変更後
死亡当時に生計を維持されていた子のある配偶者、または、18歳になった年の年度末までの子(1・2級の障がい者であれば20歳未満)

この制度について詳しくは下記リンク先をご覧ください。

このページの先頭へ

「2017年10〜12月の新着情報」へ