メニューをスキップしてタイトルへ



「むし歯予防のための子ども向け合い言葉」が決まりました

さど歯っぴーキッズプロジェクト

2018年1月30日、掲載

市民福祉部 市民生活課 健康推進室 健康増進係(0259-63-3115)

佐渡市内の未就学児のむし歯は、県内で最も多い状況です。そこで、「さど歯っぴーキッズプロジェクト」の一環として、規則正しい食習慣や歯みがき習慣を考えるために、「子どもが親しみやすく楽しい合い言葉」を募集しました。

注釈
  • 「さど歯っぴーキッズプロジェクト」は、佐渡の子どもの歯を守り、健やかな成長を応援する取り組みです。

このたび優秀賞などが決まりましたので、お知らせします。ご応募いただきました皆様、ありがとうございました。

受賞者の方には賞状と佐渡歯科医師会から記念品が、また応募者全員にプレゼントが贈呈されます。なお、最優秀賞の作品は、普及啓発のために広く活用していきます。

家族みんなで食べたらみがく、はみがき習慣を身につけましょう!

募集テーマ

みんなでむし歯予防:歯と口の健康について

受賞作品

最優秀賞

「きれいにみがいて わっ歯(は)っ歯(は)! みんなで いっしょに わらおうよ」
(両津地区、平形 純子さん)

優秀賞

「はみがきしたら ピカピカくらべ」
(梅津保育園、山岸 蕾桜さん)

「まずはぼく 次はパパママ 仕上げだよ」
(金井保育園、大塚 英雄さん)

「しっかりカムカム たのしいカミカミ はぶらしシャカシャカ
みんなにっこりえがおで しあわせかぞく」
(新穂トキっ子保育園、仲川 璃誇さん)

このページの先頭へ

「2018年1〜3月の新着情報」へ