メニューをスキップしてタイトルへ



全国の都市圏の方へ:「地域おこし協力隊」を募集します

随時受付

2018年6月25日、掲載
2018年8月13日、更新(具体的な更新内容)

産業観光部 地域振興課 地域振興係(0259-63-4152)

本ページの更新状況(更新状況をスキップして本文へ)
  • 2018年8月13日、岩首集落の募集を終了しました。

佐渡市では、平成24年度から27名の地域おこし協力隊員を採用し、地域資源や魅力のPR、農作業の支援などの多様な活動を展開してきました。(2018年6月現在、7名の隊員が活動中、また退任した隊員の約7割が市内に定着)

注釈

人口減少や高齢化などの進行が著しい当市では、今後も地域外の人材を誘致し、その定住・定着を通じて地域の活力を維持・強化するため、地域協力活動に取り組む隊員を募集します。

応募前に現地で「活動体験」をすることも可能ですので、お気軽にご相談ください。

募集人員

「地域おこし協力隊員」4名(市内4地域 各1名)を募集します。合格者と佐渡市は業務委託契約を締結します。

応募資格

次のすべてに該当する方が応募できます。

  1. 生活の拠点が3大都市圏をはじめとする都市地域など(過疎地域・山村・離島・半島などを除く)にあり、隊員として採用後、佐渡市へ住民票を異動することができる方
  2. 地方公務員法(昭和25年法律第261号)第16条に規定する欠格条項に該当しない方
  3. 心身ともに正常な状態で誠実に地域活動ができる方
  4. 地域活動に深い理解と熱意を有する方
  5. 地域行事などに積極的に参加できる方
  6. 佐渡市内へ定住する意欲のある方
  7. 普通自動車運転免許を有する方
  8. パソコンの一般的な操作ができる方

任用形態・活動内容など

任用形態
業務委託契約(個人請負契約)
契約期間
年度単位での契約(最長3年まで)
注釈
  • 佐渡市との雇用関係は発生しません。
  • 隊員としてふさわしくないと判断した場合などは、契約期間内であっても、佐渡市は隊員の職を解くことができます。

活動地域(連携グループ)・活動内容

活動内容は地域ごとに異なります。下記の各PDFファイルをご覧ください。

活動日数や活動時間は、各地域(連携グループ)と協議のうえ決めていただきます。(地域・時期などによって変動します)

業務委託料・福利厚生など

サポート体制

  1. 応募する前に受入地域での「活動体験」を希望する場合は、旅費などの一部経費を負担します。
  2. 地域の実情などに詳しい地域活動支援員を配置し、隊員とその活動をサポートします。
  3. 隊員や関係者などとの連絡会議を、毎月開催します。
  4. 協力隊の任期終了前1年、終了後1年以内の間に、市内に定住・定着するために、起業・新規創業する場合、経費の一部(補助率は4分の3、上限は100万円)を補助する制度を用意しています。
注釈
  • 「活動体験」は、事前に日程調整し市が決定した場合に限ります。事前に後述の応募先へお問い合わせください。

応募方法

応募にあたって詳しくは下記の要項・要綱を必ずご覧ください。

応募期間

2018年6月25日(月曜日)以降、随時、受け付けます。

提出書類

注釈
  • PDFとDOCの内容は同一ですので、いずれか一方をご利用ください。
  1. 佐渡市地域おこし協力隊応募申込書(様式第1号)
  2. 履歴書(任意書式)
  3. 住民票
  4. レポート(2,000字程度、任意書式)
    レポートテーマ:この地域活動を選んだ理由、地域活動に活かせる経験と着任して取り組みたいこと
  5. 配属希望地域(第1、第2希望とその理由、任意書式)
  6. 普通自車免許証の写し
  7. その他、資格などを証明するものの写し(該当がある場合のみ)
注釈
  • 提出された個人情報については本公募のみに使用し、その他の目的には使用しません。

応募・問合先

〒952-1292 新潟県佐渡市千種232番地
佐渡市役所 産業観光部 地域振興課 地域振興係

選考方法

一次選考:書類選考

応募受付後、2週間程度で合否の結果を通知します。

二次選考:配属希望地域による面接

一次選考の合格者を対象に、佐渡市内で面接試験を実施します。実施日は一次選考結果通知でお知らせします。

二次選考終了後、1週間程度で合否の結果を通知します。

注釈
  • 提出書類の郵送料、面接に要する交通費・宿泊費など、応募に要する経費は応募者の負担となります。

関連ページ

このページの先頭へ

「2018年4〜6月の新着情報」へ