メニューをスキップしてタイトルへ



「髙橋保 版画展」を開催します

2018年7月5日〜9月24日、佐渡博物館で

2018年7月13日、掲載

教育委員会 社会教育課 佐渡学センター(0259-52-2447)

佐渡出身の版画家 髙橋保氏の国画会 版画部会員への推挙を記念し、特別企画展を開催します。

国画会とは、1926年に始まった日本最大級の公募展覧会「国展」を運営する会です。

佐渡出身の版画部会員は、「佐渡版画村 美術館」を創設した故・高橋信一氏をはじめ髙橋氏で3人目となります。

髙橋保氏の版画は、ポスターや写真では写しきれない「髙橋ブルー」と呼ばれる青色が特長です。

今回の企画展では、優作賞を受賞し会員推挙となった作品も展示しています。

暑さ厳しいなか、涼やかな髙橋ブルーをお楽しみに、お誘いあわせのうえお越しください。

期間
2018年7月5日(水曜日)〜9月24日(月曜日)、午前8時30分〜午後5時(最終入館:午後4時30分)
会場
佐渡博物館
入館料
大人500円、小・中学生200円(15名以上の団体は2割引)
主催
佐渡市教育委員会

ポスター

展示風景

このページの先頭へ

「今月の新着情報」へ