メニューをスキップしてタイトルへ



(仮称)佐渡金銀山ガイダンス施設の愛称が、「きらりうむ佐渡」に決まりました

2018年12月21日、掲載

産業観光部 世界遺産推進課 登録推進係(0259-63-5136)

佐渡市では、相川地区に「(仮称)佐渡金銀山ガイダンス施設」を建設しています。(2019年4月 オープン予定)

この施設の愛称を募集したところ、全国から560点の応募をいただきました。ご応募いただきました皆様、ありがとうございました。

選考の結果、12月18日に開催した検討委員会で次のとおり決定しました。

きらりうむ佐渡

市長のコメント

検討委員会と

本日、検討委員会を経て、新潟市在住の小学生から応募いただいた「きらりうむ佐渡」の愛称に決定いたしました。

検討委員の皆様から、覚えやすく、親しみやすく、堅苦しくないネーミングで、「きらりと光る佐渡金銀山情報発信の館」にふさわしいというご意見をいただきました。

「きらりうむ佐渡」が皆様に愛される施設になるとともに、早期の世界文化遺産登録を目指し、受入体制等の整備も含め官民協働で進めていく所存です。

今後とも、皆さま方からの更なるご支援とご協力をお願い申し上げます。

2018年12月18日
佐渡市長、三浦 基裕


関連ページ

このページの先頭へ

「今月の新着情報」へ