メニューをスキップしてタイトルへ



講演会「江戸時代における佐渡の鉱山技術の変遷」を開催します

2019年5月25日、きらりうむ佐渡で。無料、5月24日までに要申込(先着順)

2019年4月23日、掲載

産業観光部 世界遺産推進課 登録推進係(0259-63-5136)

概要

佐渡金銀山遺跡の調査・研究成果を紹介する講演会を開催します。

佐渡金銀山遺跡は、金生産にかかわる技術や文化を伝える「タイムカプセル」であり、世界的にも貴重な遺跡です。このかけがえのない「宝物」について学び、佐渡金銀山の価値を知るきっかけにしてみませんか。

開催日
2019年5月25日(土曜日)、13時〜15時(開場12時30分)
会場
きらりうむ佐渡
テーマ
江戸時代における佐渡の鉱山技術の変遷
講師
帝京大学 文化財研究所 所長、萩原三雄(はぎはら・みつお)氏
入場料
無料
定員
100名
注釈

参加申込方法

参加ご希望の方は、電話・ファックス・申し込みフォームのいずれかで、5月24日までにお申し込みください。電話・ファックスの場合は、参加人数と参加希望者全員の「氏名、住所、連絡先」をお知らせください。先着順ですので、お早めにどうぞ。

問合先・申込先

世界遺産推進課

このページの先頭へ

「今月の新着情報」へ